布のふわふわルームシューズを手作り!

nunocoto fabricを使ってルームシューズを作りました。
何層にも重なった布のおかげで、ふわふわとした質感に…♪ それでいてコットンリネンの感触が、素足に気持ちいいんです。これはいいですよ〜。使ったのは、「madomado(マドマド)/イエロー」
nunocoto fabricのラインナップの中で一番張りと厚みのある生地です。

いきなり出来上がり写真からですが、こうなりました!

fabric_roomshose_05
裏布には、むかしクッションカバーを作ったときの残りの、ざっくりとしたリネン生地を使っています。薄いスモーキーブルーです。

fabric_roomshose_02
息子1が「僕のにするー!」と。

fabric_roomshose_03
息子2が「どれどれ、ちゃんと中まできれいに縫えてるかのぅ」と細かくチェック。

fabric_roomshose_04
「まあ合格ということにしておこう」(と言ってる気がする)

ルームシューズを作れたということが嬉しくて、さっそくスタッフみんなに共有!
みんなそれぞれ作りました!

fabric_roomshose_06
繊細なグラデーションが大人っぽい、「yurayura(ゆらゆら)/ブルー」「yurayura(ゆらゆら)/グレー」で。

▼作り方はこちらの本から。
fabric_roomshose_08
『ルームシューズの本 ―靴木型から作った15サイズのパターン』坂内鏡子著

一冊まるごとルームシューズのパターン&レシピ集です。

作り方をざっくり追ってみると…

fabric_roomshose_09

パーツごとに裁断したら、甲にあたる部分の表布とキルト芯と裏布の3枚を合わせて1枚に仕立てて、

fabric_roomshose_010

それと底布を合わせて縫います。

fabric_roomshose_011

構造的には2つのパーツをくっつける、というシンプルさ。
でもこの底布に当たる部分、ここは4枚が重なっているので結構厚みがあります。

fabric_roomshose_012

上から底布の外布(ややこしい…)をかぶせて縫って、

fabric_roomshose_013

ひっくり返します。よいしょ!

fabric_roomshose_014

ルームシューズ的な形になってきました。
底布2枚の間に芯なるものを差し込みます。ここでの芯というのはフェルトとかネルとか厚みのある生地を同じ形で裁断したものを3枚合わせたもののこと。
私の場合は、息子のサイズアウトしたコーデュロイのパンツをチョキチョキしました。

そして、この15cmほど空けたつま先の縫いどまりから…、

fabric_roomshose_015

定規でぐいぐい押しながら芯を入れ込みます。
(ほんとに定規で、って書いてある)

これが上手く入るとすっきりです。このチェックの布が、元コーデュロイパンツでした。

かがり縫いで閉じてもう一度全体をひっくり返したらできあがり!

fabric_roomshose_01

内側をリネンにしたので、素足で履いても気持ちいい、ふわふわなルームシューズができました。

fabric_roomshose_07

家族分、違う生地で作ってみるのも楽しいですね。
▼今回使った布はこちら(クリックすると商品ページへ移ります)

[カット済 50cm×50cm] nunocoto fabric:madomado(マドマド)/イエロー

[カット済 50cm×50cm] nunocoto fabric:madomado(マドマド)/イエロー

ハギレを有効活用!手作りアイディア特集ページはこちら

◎スタッフによるnunocoto fabricを使ったハンドメイド・DIYの記事一覧はこちら>
nunocoto fabricでつくろう!

nunocotoDIYbana

おしらせ

nunocotoのおねえさんサイト、 【nunocoto fabric】がオープン!!

無料型紙ダウンロードと布の通販サイト:nunocoto fabric

無料型紙ダウンロードと布の通販サイト:nunocoto fabric


大人の布あそびをコンセプトとした、布サイトがスタートしました。こちらでは、普段のワードローブに加えたい日常服を中心とした大人服の型紙(製図)と作り方が何度でも自由にダウンロードできます! スタイリング写真もたくさん♪

☆nunocoto fabricのFacebookページは こちら

小宮
nunocotoスタッフ:小宮

編集・コンテンツ系を主に担当。2人の男児の母。手づくりするのはだいたい真夜中。I-padを相棒に、昔のドラマや映画を観ながらチクチクするのが好きです。早朝の新聞配達のバイクの音で我に返ることもしばしば…。

「nunocoto fabricでつくろう」の一覧

ガウチョパンツ留めバンドを作ってみたらなかなか便利!
お弁当包みを手作り!
ハンドメイド for Christmas…!
抱っこひも(エルゴ)収納カバーの作り方
美濃羽まゆみさんの子ども用ロングブルマパンツ(着画多め)
腕の日よけにも!ふんわりガーゼのストール
スマホ(IPhone)ケースカバーの作り方
ほうきを布でカスタマイズしてみる
石川ゆみさんのちょっとそこまで、のミニバッグ
石川ゆみさんのたためるマチつきエコバッグ
布のプリントを活かしたロゼット
かんたんシンプルな、ファブリックバスケットの作り方
ふわふわキルティングのメガネケース
nunocotoスタッフ小宮

nunocotoスタッフ。編集・コンテンツ系を主に担当。2人の男児の母。手づくりするのはだいたい真夜中。I-padを相棒に、昔のドラマや映画を観ながらチクチクするのが好きです。新聞配達のバイクの音で我に返ることもしばしば…。でも作っている間は不思議と眠くならないんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。