スウェーデンに夏が来た!

こんにちは!
空は青く澄み、草木は青々と茂り、スウェーデンが一番美しい時期になりました。

ridgren_04_01

楽しい行事が続く6月はあっという間に過ぎていきました。

まずは、6月上旬に、終業式。

ridgren_04_02

​​青空の下、歌やダンスで学期を締めくくりました。
民族衣装を着ている校長先生(左)とスウェーデン衣装を着ている
体育の先生(右)

​民族衣装は地方によって色、デザインが違います。
専門家には、その人が着ている衣装を見ると出身地がわかるのだとか。
ridgren_04_03

校長先生がブルーとイエローの風船を空に飛ばして
みんなで「ソンマー ローヴ!」(スウェーデン語で“夏休み”)と叫んで、式は終了しました。
ridgren_04_05
ふわふわと青空に吸い込まれていく風船たち。

そしてみんな楽しみにしていた、ミッドサマー(=夏至)。
この日から夏休みが始まる人も多く、夏の到来を祝う大切な伝統行事です。

ridgren_04_06

草や花で覆ったミッドサマーポールを立てて
歌を歌いながらポールの回りを皆で踊ります。

ridgren_04_07
小さい子どもからおじいさんおばあさんまで、みんなで楽しく踊りますよ。

ダンスの後は、コテージに移動し食事の準備です。

ridgren_04_012
自宅から20分くらいの森の中にある古いコテージ。
その森では牛の放牧をしていて、酪農家さんからコテージを借りています。

ridgren_04_08
綺麗なブルーのドア。

ridgren_04_09
なかなか味のあるコテージは、古いため水道が通っていません。
そのため、調理は家で済ませておいて、それを持ち寄る、というスタイル。

ridgren_04_010
チーズも野菜もどーんと盛り付けて。
カラリとした空気の中、外で食べる食事は最高です。

ridgren_04_013
足元には芝生が茂っていて、子どもやペットも大喜び。

ridgren_04_014
にしんの酢漬けやジャガイモサラダ
サーモンやゆで卵—–スモーガスボードと呼ばれるスウェーデンのご馳走です。
ridgren_04_011

この日は夜までご馳走を食べて、お酒を飲み、楽しく過ごしました。
外はずっと明るいので、長い間たっぷり楽しめました。

夏至のこの日が一番日が長いのですが
この日を境にすこしずつ日照時間が短くなっていきます。

そして本格的にスウェーデンの夏がはじまります。

ridgran_profile
リッドグレン真紀

スウェーデン人の主人と9歳の息子と共に、スウェーデンの首都ストックホルムから100kmほど離れた街に暮らす。スウェーデンの手仕事や季節の行事、インテリアなどをシンプルな視点で紹介するブログが人気。
ブログ:北欧・スウェーデンよりシンプルライフ★

「スウェーデンの暮らしごと」の一覧

スウェーデンの夏の風物詩。ザリガニパーティ!
我が家の庭からいろいろベリー!
スウェーデンのお嫁入り手しごと
スウェーデンの伝統、手作りの木工品たち。
ポスク(=イースター!)で、スウェーデンに春の訪れ。
リッドグレン真紀

スウェーデン人の主人と9歳の息子と共に、スウェーデンの首都ストックホルムから100kmほど離れた街に暮らす。スウェーデンの手仕事や季節の行事、インテリアなどをシンプルな視点で紹介するブログが人気。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。