チューリップハットキットの作り方

チューリップハットキットの作り方を詳しくご紹介します♪ ご参考にしてみてくださいね。

チューリップハットキットの作り方STEP01
【キットに含まれるもの】型紙、作り方説明書、表パーツ布、裏パーツ布、ゴム、nunocotoタグ
チューリップハットキットの作り方STEP02
型紙を点線(ぬいしろ込線)で切り取ったら、ウラ面を上にした布の上に置いて線でなぞります。
チューリップハットキットの作り方STEP03
表布&裏布6枚ずつ作ります。
チューリップハットキットの作り方STEP04
型紙を太線(できあがり線)で切り取って、ウラ面を上にしたパーツの上に置いて線でなぞります。この線が縫う線です。
チューリップハットキットの作り方STEP05表布のパーツを縫い合わせるときに、タグも挟み込みましょう。
チューリップハットキットの作り方STEP06表布を1辺ずつ縫ってつなげていきます。6枚一度につなげるよりも、3枚つなぎのものを2つ作って、それをつなげるようにすると縫いやすいです。
チューリップハットキットの作り方STEP07ぬいしろは5mmほど残してカットします。仕上がりがすっきりします。
チューリップハットキットの作り方STEP081辺縫い合わせるごとに、アイロンで丁寧にぬいしろを割りましょう。
チューリップハットキットの作り方STEP093枚つなぎを2つ作りました。
チューリップハットキットの作り方STEP10裏生地も同様にパーツをつなげていきます。1か所どこかに返し口を作ります。5cmほどを縫わずに開けておきます。
チューリップハットキットの作り方STEP11返し口をきれいに仕上げるために、できあがり線でしつけ縫いをしておきます。ざっくりで大丈夫です。
チューリップハットキットの作り方STEP12返し口も一緒にぬいしろを割りましょう。
チューリップハットキットの作り方STEP13返し口の曲線も歪むことなく、きれいに折り目をつけることができました。折り目を付けられたら返し口のしつけ糸は抜いておきます。
チューリップハットキットの作り方STEP143枚つなぎのパーツが表布・裏布で4つ出来上がりました。
チューリップハットキットの作り方STEP15表本体と裏本体をそれぞれ作ります。頭頂部から裾に向かって縫うと、形が崩れにくいです。
チューリップハットキットの作り方STEP16表本体と裏本体ができました。
チューリップハットキットの作り方STEP172つの本体パーツを中表になるように重ねます。このとき、表本体が少しはみ出ていますがそれでOKです。
チューリップハットキットの作り方STEP18リムの周囲を布端をぴったり重ね合わせてまち針を刺します。1周ぐるりとゆっくり縫いましょう。
チューリップハットキットの作り方STEP191周縫い終えたら、裏本体に作った返し口から全体をひっくり返してアイロンで整えます。1mmほど裏本体側に入り込むように仕上げます。
チューリップハットキットの作り方STEP20最後は手縫いで仕上げます。返し口をまつり縫いでとじましょう。さらに頭頂部で2つのパーツをずれないように縫い留めます。2往復ぐらいぐし縫いをすればOKです。
チューリップハットキットの作り方STEP21ゴムはお好みで付けてください。お子様の耳の上あたりに留めるのがよさそうです。

チューリップハットキットの作り方 finish

チューリップハットのキットは、同じ作業の繰り返しが多いですが、工程ごとに細かくアイロンを使うことで、きれいなカーブに仕上がります。
▼今回作ったキットはこちら
チューリップハットキット:smallgarden

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 7,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。