『暮らしの中の、手づくり布小物』に掲載されました&ソーイングケース作ってみました | nunocoto
暮らしの中の手づくり布小物 美濃羽まゆみ

『暮らしの中の、手づくり布小物』に掲載されました&ソーイングケース作ってみました

FU-KOさんこと美濃羽まゆみさんの新刊本、『暮らしの中の、手づくり布小物』(家の光協会刊)はもうチェックされましたか♪
これまで、子ども服や大人服のシンプルなパターンをたくさん紹介されてこられたFU-KOさんの、はじめての布小物のソーイング本です。
暮らしの中の手づくり布小物 美濃羽まゆみ

ルームシューズ、ターバン、クッションカバー、ペットボトルカバー、抱っこひも、などなど、、、ラインナップを見ただけですぐに作れそうなものがいっぱい!という感じがしませんか?(実際にとてもシンプルで簡単なレシピばかりです!)
暮らしの中の手づくり布小物 美濃羽まゆみ
暮らしの中ですぐに使える小物ばかりで、こういう本を待っていた~!と嬉しくなります。

nunocoto fabricも登場しています!

そして今回は、こちらの中でnunocotoオリジナルのテキスタイルをいくつか使用していただいています。
暮らしの中の手づくり布小物 美濃羽まゆみ
これかわいい…!とってもコンパクトにまとまる抱っこひもには、nunocoto fabric:madomado(ネイビー)を。


布ナプキンには、ダブルガーゼのnunocoto fabric:flowertile(ブルー)と、コットンリネンのnunocoto fabric:home(ホワイト)nunocoto fabric:home(ピンク)を使っていただきました。

ソーイングケースを作ってみました

さっそく、どれ作ろうかスタッフ会議。(←こういうのは早いのです)

で、まず1つ目はこちら!
暮らしの中の手づくり布小物 美濃羽まゆみ

ソーイングケースです。
開いたときに十字になるのが可愛いこちらのソーイングケース、パタンパタンと折りたたんでしかくになるデザインです。

手縫い糸(隠れポケットにいます)と縫い針、待ち針数本、糸切バサミだけがコンパクトに収まるのがすごくいいな、と思いました。

家の中で、リビング、テレビの部屋、キッチンなど、ちょこちょこ移動して、ほんの少しだけ針しごとをしたいときに便利そう!
ソーイングボックス全部持っていくほどでもない、っていうとき、ありますよね。
そんなときも、ささっとこのソーイングケースだけ持っていけばいいし。もちろん外出のときのお供にも♪バッグの中でも散らばらない~
暮らしの中の手づくり布小物 美濃羽まゆみ 手づくりソーイングケース
手のひらサイズがなんとも可愛らしい姿…

ちなみに、いつも何かしらアレンジを加えたくなる(笑)スタッフYちゃんは、表生地と裏生地の間に、同サイズにカットしたクリアファイルを挟んでいましたよ♪(左のcircleブルーの方)
そうすると針が裏まで出ちゃうことが無いね~と、これまた発見でした。

使った布はこちら

裏生地用にお手持ちのハギレ布等があれば、表生地はカット布1枚で作れますよ。
madomado(ネイビー)

circle(ブルー)

他にもすぐに作れてすぐに使えそうな小物やテクがたくさん掲載されていますよ~!
また何か作ったら紹介させてくださいね。
暮らしの中の手づくり布小物 美濃羽まゆみ
ダーニング~~!

nunocotoスタッフ小宮

nunocotoスタッフ。編集・コンテンツ系を主に担当。2人の男児の母。手づくりするのはだいたい真夜中。I-padを相棒に、昔のドラマや映画を観ながらチクチクするのが好きです。新聞配達のバイクの音で我に返ることもしばしば…。でも作っている間は不思議と眠くならないんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 10,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。