ミナ ペルホネン20周年展覧会「ミナカケル」に行ってきましたレポート

テキスタイル好きさんなら、必ずどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか、
日本を代表するテキスタイルブランドの一つ、「ミナ ペルホネン(mina perhonen)」さん。

私たちがnunocotoを始めたときから、いえ、始める前から憧れの作り手さんでした。
テキスタイルそのものだけでなく、デザイナーの皆川さんたちのものづくりへの想いの強さ、深さ、そしてアイディアに満ち溢れたデザインたち。
そのどれもが際立っていて、唯一無二の世界を作り出すさまは、年月が経っても変わらず魅力的です。

日本ファッション界でテキスタイルを追及してきたミナ ペルホネンさんは今年20周年。
その記念の展覧会が現在開催中ということで、行ってきました。

会場はnunocotoのオフィスからも近い、青山のスパイラルガーデンです。
(写真はすべて開場時間前に撮影させていただいたものです)

minaperhonen_03
表参道の駅から地上に出たら、もうすぐそこがスパイラルガーデン。ありました!

minaperhonen_01
さて、スパイラルの建物の入ってすぐ左の「showcase」は、リビング風の展示スペース。

minaperhonen_022
ミナ ペルホネンのテキスタイルを使ったセブンチェアや大きなランプシェードなどが飾られています。

minaperhonen_02
ショーケースにあるプロダクトは、5月27日(水)よりオーダー開始だそう。

minaperhonen_06
「parade」と名付けられた広いスペースに置かれたマネキンがまとうのは、ミナ ペルホネンを代表するテキスタイルで作られたワンピースやコートなど。壁には制作風景などが投影されています。

minaperhonen_04
奥の広いホールは「forest」。吹き抜けのスペースを最大限に使ったメリーゴーランドのようなモビールに目を奪われます。

minaperhonen_05
ゆらゆらと常に揺れている不思議なモビールです。チェアまで…!落っこちそう!(落ちません)

minaperhonen_020
まさに20年の歩みを表す、様々なプロダクトが飾られています。カオスな状態と、そこから生まれる新しい一歩、をイメージしているそう。
背景の壁紙は、ハギレをつなぎ合わせたものを大きくプリントしたものだそうです。

中央に置かれたサークル型のソファ。ここに座って心ゆくまで身をゆだねることができます。
ところでこちら、何かに似ていませんか。

minaperhonen_021
そう、ミナ ペルホネンの名作テキスタイル「tambourine(タンバリン)」のモチーフです。
拡大するとこんな風になるのですね。タンバリンの生地をお持ちの方はよーくよく凝視してみましょう!

さて、ミナワールドに浸ったあとは2階のマーケットへ。
こちら、土日は混雑必須です。
初日はレジに長蛇の列ができていたそうですよ。

この展覧会限定のTシャツや、アーカイブテキスタイルのブローチ、アイロンワッペン、靴下など、思わず買いたくなるアイテムがずらりとそろっています。お皿などもあって、誘惑がたくさんです…!
(写真を撮り忘れました…)
ミナカケル展覧会に合わせて作られた新しい書籍『ミナカケル—手から手へ 受け渡される価値—』も、先行販売されています。

そして奥はさらに素敵なことに。

minaperhonen_014
なんとミナ ペルホネンのテキスタイルでできた壁!「promenade」です。

minaperhonen_013
壁というだけあって、天井に届くところまでテキスタイルです。

こちらは実際に触ることができます。私もぺたぺた触らせていただき、プリントだけではなく、生地の感触を楽しみました。

minaperhonen_08
刺繍まで食い入るように(笑)間近で見ましたよ。

おっ。こんなインスタレーションも。
minaperhonen_015
中をのぞくと、制作風景の映像が流れます。もしくはアトリエを再現したスペースだったり。
ミナ ペルホネンのものづくりを身近に感じることができますね。

そして、ここからは、テキスタイルと共に今までの歴史を振り返る展示。「ima imagine imaginary」。
一つ一つ丁寧に眺めたいところです。
minaperhonen_012
ミナ ペルホネンのヒストリー。

minaperhonen_011
皆川さんのラフスケッチや原画なども。

minaperhonen_017
テキスタイルに付けられた名前とその由来、想いとストーリー。

minaperhonen_010
ハギレから生まれる様々なプロダクト。

minaperhonen_018
従来の大量生産のイメージを変えたい、という皆川さんの思いで、
いくつものバリエーションを発表し続ける「tambourine(タンバリン)」のテキスタイル。

minaperhonen_016
「imagine(イマジン)」のゲートも素敵です。

今回の展覧会の会場構成を手掛けたのは建築家の田根剛さん。
広がりを感じる贅沢な空間でした。

テキスタイルの魅力やその空間はもちろんですが、やっぱり一番印象に残ったのが、皆川さんのことばたち。
minaperhonen_09

一枚一枚手書きで綴られています。仕事のこと、ものをつくるということ、人生のこと、、。

個人的には一番ミナ ペルホネンさんらしい部分だなと思いました。

会社に戻ってしばらくぼーっと浸ってしまいましたが、
明日からの課題がたくさんできたように思います。とても勉強になりました。

こちらの展示会は6月7日(日)まで開催中です。
ぜひ足を運んでみてくださいね。

—————————————————–
【ミナ ペルホネン展覧会 ミナカケル】
会期:2015 年5月20日(水)~ 6月7日(日)
時間:11:00 ~ 20:00
場所:スパイラルガーデン  
東京都港区南青山5-6-23
入場無料
—————————————————–
[問い合わせ先]
ミナ ペルホネン
TEL:03-5793-3700
WEB:www.mina-perhonen.jp

nunocotoスタッフ小宮

nunocotoスタッフ。編集・コンテンツ系を主に担当。2人の男児の母。手づくりするのはだいたい真夜中。I-padを相棒に、昔のドラマや映画を観ながらチクチクするのが好きです。新聞配達のバイクの音で我に返ることもしばしば…。でも作っている間は不思議と眠くならないんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。