1mの布ってこんなにすごい!たった1枚の布で何ができるかやってみたよ。

こんにちは! キット屋さんだけど実はオリジナルの布も販売していたりするnunocotoです。

とつぜんですが、ここに1mの布があったとして。(布幅がだいたい1mなので、1m×1mの布ということになりますね)
「この布たった1枚で、どんなことができるんだろう」と思い、アイディアを色々と試してみることにしました!

子どもとの日常では、布はスタメンです

赤ちゃんや子どもって、まったく大人が予測もできないことをしてくれますよね。毎日がサプライズとはこのことです。
だからこそ、何にでも形を変えてくれる「ただの布」というものは、本当に頼もしいものです。

ここで寝ちゃうんだ!? というときのとっさの肌掛け代わりに。
どうしても外でアリさん見ながらおにぎり食べたい、という事態の敷物として。
おめかしして出かけたレストランでポタージュスープをオーダーしたときのエプロン代わりに。
急に戦いごっこがしたくなった子どもへさっと渡せるマントとして。

一枚持っておくととても便利ですよ!

ベビーカーでお出かけするなら、前部分に引っかければ日よけにもなってくれるし、こんな風にカバー風にして身体の下に敷いてあげると、汗っかき赤ちゃんでも快適です。
1mfabric_07
人の多いテーマパークに行っても俄然目立ちますから、うちのベビーカーどれだったかな?ということになりません。

動いていないとどうかなってしまいがちな小学生男子には、闘牛ごっこ
1mfabric_08
これ、本気で10分もやるとかなり体力使います。


バッグに一枚しのばせておきたい布一枚

大人だってもちろんいろいろ使えますよね。

まずはシンプルに布の大きさを活かすことがしたい!
単純に面積が大きなものはそれだけで目立ちますから、目立ちたいときこそ布の出番です。

目立ちたいとき=待ち合わせ。でしょうか。
以前197cmの友人と駅前で待ち合わせをしたとき、何の苦もなく遠くからその友人を見つけることができました。

全ての人が197cmになるのは難しいので、目印として布を振ってみます。

1mfabric_012
「ここだよー。」

1mfabric_05
「ここ、ここー!(早く気付いて…)」

1mfabric_010
「あ、いた!布を振ってくれてたからすぐわかったよー」

ということになります。便利です。


包んで運ぶ、バッグとしての布

日本人ですから、1mの布といえば風呂敷が思い浮かびました。何でも美しく包んでしまう、あの風呂敷です。

「なんてことない日常も、風呂敷があるとちょっといい感じになる」とは見聞きしていたので、あれこれやってみたい!

1mfabric_022
と思っていたら目の前を、風呂敷バッグのようなものを肩から下げて颯爽と歩くステキな女性が…!
写真を撮らせてもらおう!


「あの、すみませんー!(ダッシュ)」




1mfabric_020
「はい、まえざわです。(にっこり)」



スタッフの前澤でした。


1mの布の対角線上の角同志を2か所結んだだけのショルダーバッグだそうです。これいいなあ。
1mfabric_023

大人女子なら、手土産を持って誰かのご自宅を訪問、というシチュエーションにも余裕で対処できるようにしておかなくてはなりません。
そんなときも布が一枚あれば、身近ものをささっと包んで粋な手土産に早変わり!

1mfabric_018
「よかったらみなさんで召し上がってください。こちら…」


1mfabric_017
「実家から届いたばかりのミカンです。」


1mfabric_016
「わーありがとう!この布もかわいいね。」


ということになります。そのまま布も一緒にプレゼントしてしまうのも粋ですね。


テーブルにちょこんと置いた姿がかわいいハンドバッグ風にも。
1mfabric_015
こんなバッグを持って歩いていたら、きっといろんな人から声を掛けられます。荷物が増えたときのエコバッグとしてもおすすめです。

日常でも旅先でも活躍する、1mの布のエライところ

布好きさんなら、きっと毎日の暮らしの中に上手を布を取り入れていらっしゃるのでは、と思います。
急な来客時の棚の目隠しに。
簡易的なクッションカバーに。
ペット用のハンモックとか。
引っかけるだけのカーテンやパーティションとか。

5秒で着られるエプロンにも。
1mfabric_01


では、ちょっと非日常の旅先では?

もちろん、1mの布は旅の相棒としても優秀です。

ビーチリゾートなら、水着の上から巻くパレオとして。
ビーチパラソルに引っかけて目印にしている人もよく見かけます。
機内でのプライベートエリアの確保にも。(って何でしょう。書いててよくわかっていませんが)
砂漠ツアーならターバンとして。


キャンプならこんな風に、自分たちの設営したテント近くの木に引っかけておけば、森の中でも目立ちます。
1mfabric_06
風で飛ばないように縛りましょう。


荷物のパッキングにも大活躍です。風呂敷だけで海外旅行に行くことも可能らしいですよ。
1mfabric_011


遠く離れた場所にいても、お気に入りの布をテーブルに敷いてみたら、なんだか心が落ち着きます。
1mfabric_09


また、海外旅行中、現地の人にザ・日本人的なことをやったり言ったりすると、とても喜ばれますね。

そんなときにも1mの布は大活躍。
素敵なBarでこんな忍者ポーズを決められたら、たちまち大喝采を浴びることができそうです。
1mfabric_02
心からなり切ることが大切です。

1mfabric_021
腰はできるだけ落とします。


いかがでしたか?

1mの布。畳んでしまえばとってもコンパクトなのに、その楽しみ方は本当にいろいろありますね。
ここで紹介した以外にもまだまだありそうです。とにかく一週間、バッグの中に布を1枚入れて過ごしてみてください。きっと、布があってよかった!というシーンがあると思います。

でもその前に布が無いよーという方は、nunocoto fabricでぜひ作ってみてくださいね。4辺を縫うだけで、自分だけのお気に入りの万能布が完成♪

1mfabric_04
<このページで使用した布>
左)nunocoto fabric:happa(葉っぱ)/イエロー
右)nunocoto fabric:biscuit(ビスケット)/ピンク

■国産のオリジナルファブリック全31種類!>>>nunocoto fabric

コットンリネンやダブルガーゼなどおしゃれな布が勢ぞろい!

コットンリネンやダブルガーゼなどおしゃれな布が勢ぞろい!



これからの「1mの布」と言えばアレ!

そうそうそう、1mの布と言えば、忘れちゃいけない、nunocoto craft
1mfabric_026
1mの布の中には、絵本の1ページのような楽しげなイラストとベビーグッズを7つ作れる切り取り線をプリントしました。

craft_miryoku014
ハサミを入れたら・・

craft_miryoku011
あっという間に布が立体物に変身!

■1mの布で7つのベビーグッズが作れる、まったく新しい手作りキット>>>nunocoto craft

1mfabric_024


1mの布の限界に挑戦の日々は続きます…!!


小宮
nunocotoスタッフ:小宮

編集・コンテンツ系を主に担当。2人の男児の母。手づくりするのはだいたい真夜中。I-padを相棒に、昔のドラマや映画を観ながらチクチクするのが好きです。早朝の新聞配達のバイクの音で我に返ることもしばしば…。

「行ってみる、やってみる」の一覧

ふろしき王子の、目からウロコの風呂敷包みワークショップを体験!
信州の秋といえば!の、キノコ狩りに行ってきました
Kubist(キュビスト)で遊んでみました。
nunocotoスタッフ小宮

nunocotoスタッフ。編集・コンテンツ系を主に担当。2人の男児の母。手づくりするのはだいたい真夜中。I-padを相棒に、昔のドラマや映画を観ながらチクチクするのが好きです。新聞配達のバイクの音で我に返ることもしばしば…。でも作っている間は不思議と眠くならないんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。