ミュージカル「桃太郎」を観てきました!

こんにちは。スタッフの藤田です。
週末、子どもと一緒に新宿文化センターで「桃太郎」のミュージカルを観てきました。

実は、子どもとお芝居を観に行くのは初めてで、
舞台ではどんな演出があるのだろうと
ワクワクしながら出かけました♪

ストーリーはお馴染みですね!

桃太郎が、おばあさんのきび団子を持って、
イヌ、サル、キジを従えて、鬼ヶ島まで鬼を退治しに行く・・・

「桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけたきび団子、ひとつわたしにくださいな♪」

このお話もこの歌も、日本人なら誰でも知っている昔話ですよね。

お芝居が始まると、子どももすーと引き込まれるように夢中になって観ていました!

image5

大人目線で観てみると、この桃太郎劇は新鮮でした!

このお芝居、1時間40分もあります(途中休憩あり)。
子ども向けのわりにちょっと長くて大丈夫かな?と思っていましたが、
リズムのよい場面展開と音響や照明などでも、子どもが飽きないような工夫が随所にありました。
客席から手拍子をしたり、観客と一緒に舞台を盛り上げていくような雰囲気もいいなーと思います。
役者さんのダンサーのような俊敏な動きは圧巻!

うちの子はどんな風に観ていたかというと、
「すごいね!すごいね!」の連発。
鬼がずっこけたりするシーンでは、「がははは~」と大声で笑っていましたが、
拍手や音頭をとったり、真剣な眼差しでくらいついていました(笑)。
鬼退治のシーンなどでは、身を引きながらも楽しんでいたようです!
観終わった後も、おばあさんに会えたのかなと心配していました。

image3

こうやって子どものころに読んだ昔話を思い起こしながら観てみると、
おばあさん、おじいさんが出てくる昔話って、ほのぼのしていていいんですよね!
昔ながらの幸せの構図がきっちり描かれていて観ていてほっとします。
これからもこういう昔話は、たくさん読んだり聞かせたりしていきたいなと思いました。
お芝居を観終わった帰り道は、もちろん
「桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけたきび団子、ひとつわたしにくださいな♪」と歌いながら帰りました!

このお芝居を知ったきっかけは、
nunocotoのサポーター募集ページから、応募してくれた長谷川さんが教えてくれました!なんと彼女が、桃太郎役を演じているんです!!

来月も神奈川で公演があるようです。

子ども向けのお芝居は、もちろん小さいお子さんがたくさん観に来ているので、
笑ったり、泣いたりはお互い様で子どもがいても気軽に足を運べるところがよいですね!

お近くの方は、おすすめですよ。

———————–

劇団飛行船

桃太郎 次回の上映は、
2月11日相模女子大学グリーンホール11時開演。
その後は、神戸や岡山でも公演があります。

———————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。