• ホーム
  •  > 料理
  •  > ホームパーティのおもたせに!ポークリエットのレシピ
ポークリエットレシピ

20184/6

ホームパーティのおもたせに!ポークリエットのレシピ

こんにちは!「心も喜ぶおいしい毎日」の川津由紀子です。
今月のレシピはポークリエットです!

ところでリエットってご存じですか?

シンプルに言うと、お肉を柔らかくペーストになるまで煮込んだ保存食、という感じです。
長く保存できるように、塩気を割と強めにつけているのが特徴。

いろんな種類のお肉のものがあるけれど今回は豚肉を使いました!
だから、ポークリエット。

これがまた、カリカリの薄めのバケットに塗って食べるとなかなかいけるんだなぁ!!
保存も効くし持ち運びもしやすいので、新学期のホームパーティなどにもおすすめです。

そしてこれはね~、ワインが欲しくなるお味ですよ~。

本来はじっくり弱火で煮込みますが、今回は弱火でじっくりの部分を圧力鍋で時短で作りますよ~。

ポークリエットの作り方

【材料】

・豚肩ロースブロック…500g
・粗塩…大さじ2
・玉ねぎ…1個
・白ワイン…400cc
・マーマレードジャム…小さじ1
・ドライタイム…小さじ1/4 

(飾りでタイム少々、ピンクペッパー数粒)

※豚肩ロースはとんかつ用などでもオッケーです。

【作り方】

1.豚肩ロースは塩を揉み込んで冷蔵庫で一晩寝かす。

2.圧力鍋に適当に切った1の豚肉と、白ワイン・玉ねぎ・マーマレードジャム・タイムをいれる。

 圧力蓋をして、強火で加熱、おもりが揺れ始めたら弱火に落として20分加圧する。

3.フロートが下がって圧が抜けたら蓋を開ける。

お肉の繊維がほぐれてほろほろになってます?

4.水分がほとんどなくなるまで15分~煮詰めていく。

これくらいまで煮詰まったら火を止めて粗熱が取れるまで冷ます。

5.4の肉が冷めてから、フードプロセッサーにかけてペースト状になるまで攪拌して、
 ココットなどの器にぴっちりと詰める。
 表面がしっかり隠れるようにラップをして、冷蔵庫で保存する。

ポークリエット レシピ

食べるときには、薄く切って焼いたバケットパンなどに塗っていただきます。

ちょっとしたアクセントにピンクペッパーとタイムでおめかしすると、ぐっと可愛くなりますよ。

ここがポイント!

・隠し味のマーマレードは、食べてもほとんどわからないけど、実は味に深みを加える大事な役割があります。

・ちょっと水分が多めなので煮詰めるのに時間かかりますが、あまり水分量が少ないと加圧中に焦げつく可能性もあります。
ここはあえて多めのレシピにして、最後に煮詰めるように。

リエットは作り置きもできるし、1週間~10日は日持ちするので、おもてなしの時にも前もって準備しておくのもよいかも~。

ドイツパンのようなちょっとずっしりしたパンにも合いますよ。

ツナに近いような味なので、うちでは子どもも大好き!

これが冷蔵庫にあると、ちょっと嬉しい。そんな1品です。
ぜひ作ってみてくださいね。

料理ブロガー / 川津由紀子

愛知県在住。男子3人の子育てに奮闘中。カフェ勤務、助産院勤務の頃に覚えた料理や日々のごはんをブログに載せています。今は子育て支援の現場で若いママとちびっこたちにパワーをもらう毎日。 ブログ「みんなで食べよ!~おうちごはん」 http://minnadetabeyo.blog.jp/

あわせて読みたい

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 1万円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。