• ホーム
  •  > 料理
  •  > 暑~い日の冷たいおやつはコレ!オレンジ丸ごとゼリーのレシピ

20175/24

暑~い日の冷たいおやつはコレ!オレンジ丸ごとゼリーのレシピ

こんにちは!
「心も喜ぶおいしい毎日」の川津由紀子です!

日に日に暑い日も増えてきましたね~!
そんな時にはさっぱりとした柑橘系のデザートはいかがですか~?

本日は、果物が丸ごと器になっているフルーツゼリー、某有名フルーツパーラーのあれみたいなやつに挑戦です。

子どもの頃、このスペシャルな感じに憧れました♪

大人になってみて、意外と簡単に作れるんだなーと知りました!

オレンジ丸ごとゼリーの作り方

【材料】(5個分)

・オレンジ…5個
・ゼラチン…10g
・砂糖…60g
・オレンジジュース…200cc~

1.オレンジの下ごしらえをする

オレンジの上部を包丁で切る。
フタになるので乾燥しないようにラップなどかけてよけておく。

スプーンなどで果肉を取り出し取っておきます。少しだけ包丁で切り込みを入れると取りやすいです。

2.ゼリー液を作る

ざるなどで果肉をこして果汁を搾ります。

果汁とオレンジジュースを合わせて600ccになるように計りましょう。

ぬるま湯40cc(※分量外)に粉ゼラチンを振り入れてふやかしておきます。

小鍋に砂糖とジュースの半量300ccを入れて温め、砂糖がしっかり溶けたら火を止めます。
火を止めてから【3】のゼラチンも加えてよく溶かします
ゼラチンがしっかり溶けたら残りのジュース300ccを加えて混ぜておく。

ここがポイント!

ごろごろ転がってしまいそうなオレンジは、くしゃくしゃにしたアルミホイルの上にオレンジの器を乗せるようにすると安定しますよ。

3.ゼリー液をフルーツ容器に入れて冷やし固める

【4】で完成したゼリー液を注ぎます。
注ぎ口のある容器に入れると作業が楽です。(少し残ったゼリー液は、別のグラスなどにいれてください)

切り口ぎりぎりまで入れると、出来上がりがきれいです。

冷蔵庫でゼリーが固まるまで2~3時間冷やしたら完成!

4.プルプルの丸ごとゼリーが完成!

オレンジのフタをしていると本当に果物そのままのよう!

きゃーかわいい~♪ この見た目だけで子どもは(大人も?)テンション上がるはず!

上手に作るコツをいくつか

※オレンジの中の薄皮は指で剥がすように丁寧に取り除きます。でもあまりがんばると穴が開いてしまうのでほどほどに。

※ゼラチンは沸騰させると固まらなくなるので、混ぜる時は火を止めてから加えてください。

※600ccにゼラチン10gは、少し柔らかめの(ゼリーの)配合です。タッパーで作ってサイコロ上にカットして食べたい場合は、450cc~500ccくらいにジュースを減らすと、固めに仕上がります。

※オレンジの皮は冷えにくく、ゼリーも柔らかいので、固まるまでに最低2~3時間、できるだけ長く冷やすのがコツです。
 
※オレンジの大きさによって満タンの量が違うので、今回は少し余るくらいのレシピ量にしてあります。多くできた分は味見のおやつにしてくださいね!

夏のさっぱりおやつ、簡単なのでぜひお試しください!

「自然食をもっと楽しく!心も喜ぶおいしい毎日。」の一覧

材料は3つ!混ぜるだけ!チョコバナナアイスのレシピ
香ばしチーズが香る!とうもろこしとパルミジャーノのさくさくフリッター
春キャベツたっぷり♪ 家族が喜ぶメンチカツのレシピ
電子レンジでお手軽に!関西風の桜餅のレシピ
お鍋ひとつで作る、懐かしのカスタードプリンのレシピ
こんがり焼き色がおいしそう!五平餅のレシピ
キラキラ光る食べられる宝石!琥珀糖の作り方
お弁当のすきまに。1つの野菜で作れるミニおかず3種
あま~い幸せ♪桃のコンポートとアレンジレシピ
夏の常備菜!夏野菜で作るラタトゥイユ
女子に嬉しい!鉄分たっぷり鶏レバーの甘辛煮レシピ
春の贅沢☆苺とアールグレイのコンフィチュール
春のかおりの豆ごはん、のレシピ
ふんわりきれい!極上オムレツの作り方
お店にも負けない!うちで一番人気の絶品餃子!
イチゴショートにひと工夫!手作りろうそくケーキ
オーブンでこんがりメニューを楽しもう!
愛情たっぷりお弁当の思い出と、シンプル卵焼き
秋の贅沢おやつ!ほくほく感が魅力の栗の渋皮煮
小豆で自家製あんこを作りましょう!
夏のご馳走、とうもろこしのかき揚げと野菜のかき揚げ
つるん!がおいしい♡ おうちでつくる夏のひんやりおやつ
そろそろ梅しごと。ジップロックでつくる梅干しと、おまけの紅しょうが
そろそろ梅しごと。梅サワー・梅酒・赤しそジュースのつくり方
私を助けてくれる常備菜~お肉編~
私を助けてくれる常備菜~お野菜編~
特別な日のお菓子 -雛祭り編-
特別な日のお菓子 -誕生日編-
冬だけの特別なおやつ~自家製干し芋~
記憶に残るいつもの味、思い出のごはん
料理ブロガー / 川津由紀子

愛知県在住。男子3人の子育てに奮闘中。カフェ勤務、助産院勤務の頃に覚えた料理や日々のごはんをブログに載せています。今は子育て支援の現場で若いママとちびっこたちにパワーをもらう毎日。 ブログ「みんなで食べよ!~おうちごはん」 http://minnadetabeyo.blog.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。