えり付きスタイの作り方ポイント【えりの付け方】

こんにちは。スタッフの長谷川です。
今日は、えり付きスタイキットのポイントとなる、【えりの付け方】について紹介させていただきます!

このえり付きスタイは、本体の表布・裏布のあいだにえりを挟み込んで縫うので、
ちょっと注意が必要です。
ここで、サンプルを作りながら簡単に説明させていただきますね。

えり付きスタイのえりの付け方

1.必要な布をカットし、えりを縫う

えりの布を中表に合わせ縫ったら、表に返してしっかりとアイロンをかけましょう。

2.えりと本体をかさねます

ここが、ちょっとわかりにくいんですよね。

白いえりにしたいのに表に返したら柄だった!!…残念。ってなるといままでのやる気が

あっという間にダウンしてしまうので気をつけましょう。

まず、表となるプリント生地のプリント面を上にして置きます。

その上にえりを重ねますが、ここがポイント!!

白いえりにするのであれば裏布(パイル地)が上になるように重ねます。

柄えりにしたいときは柄を上にして重ねますよ。

erituki_stay_make_01

その上に本体の裏地(パイル地)を重ねます。

重ねる向きに注意してください。
erituki_stay_make_02]

のぞいてみるとこんな感じ。

こちらは白いえりにする重ね方ですよ。
erituki_stay_make_04

3.ぐるりと縫って表に返し、返し口をまつる

えりをはさむと厚みがでるのでまち針でとめてもずれやすいです。

大きめに並み縫いして仮止めるのがおすすめですね。

面倒だわ、と言う方は中心だけでもとめてあげましょう。

仕上がりが格段に綺麗です。

erituki_stay_make_05

完成形はこちら!

erituki_stay_make_06
可愛いですよね。

本体もえりも、プリント生地とパイル地を縫い合わせています。

重ねる向きをかえると、このように白いえりになるんですよ。

または、今日は服が柄ものだからスタイはシンプルに着用したいな、なんて時には、ひっくりかえしていただければ、、
erituki_stay_make_07
こうなります。
白地の本体にカラフルなえりバージョンも、これまた可愛らしいスタイですよー!!
ぜひ、リバーシブルを楽しんでみてくださいね。

いかがでしたか?

これからご購入を検討中の方や、すでにキットをお買い上げくださった方へ、参考になれば幸いです。

このスタイは縫っていく工程自体はシンプルなので、
えりを挟み込んで縫う際のえりの向きに、ご注意ください。

今後も、簡単で作りやすいキットの開発を目指していきますので、
皆さま、お気づきの点がありましたらお気軽にご連絡くださいね。

(スタッフ:長谷川)

▼今回作ったスタイはこちら

えり付きスタイ:sora(ピンク・ブルー)/オーガニックコットンパイル

えり付きスタイ:sora(ピンク・ブルー)/オーガニックコットンパイル

スタイ・おくるみ・ベビーシューズなども! ▼nunocotoキットの作り方はこちら▼
try_bana_616

hasegawa_profile
nunocotoスタッフ:長谷川

お客様対応や発送、サンプル作りなどを担当。家でも仕事場でも、ミシンとお友だち。次は何をつくろうか。頭の中は布だらけ。可愛い布に囲まれて、にやにやしながら仕事してます。

nunocotoスタッフ 和泉沢

お客様対応や発送、サンプル作りなどを担当。家でも仕事場でも、ミシンとお友だち。次は何をつくろうか。頭の中は布だらけ。可愛い布に囲まれて、にやにやしながら仕事してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。