これ、いいよ。 03. ヨコシマな野球



前回からだいぶ間があいてしまいました。
スススミマセン!

突然ですが、“野球”って観ますか?

「親が◯◯ファンだったので実家時代はよく観てた」「あんまりルール分からないけど熱闘甲子園とアメトーク高校野球大好き芸人だけは観る」「球場が楽しいのは知ってるから、誘われれば行く」・・・

周囲の友人たちに聞くと、意外と全く興味ない人は僅かで、みんな何となく馴染みはあるんですよね。毎晩TV地上波で試合が中継されていた頃に比べると国民的娯楽ではなくなってきてますが、それでもここ数年、観客動員数は全球団で増えているのをご存知ですか?実はけっこう盛り上がってるんです。

友人を誘って今シーズンもさっそく球場に通っていますが、野球ファンじゃなくても楽しい!楽しい!次いつ行く?と喜んでくれるので、これはもしや広くオススメするべき?と。

暖かくなってきて外が気持ちいいこれからの季節、スタジアムでビール片手に野球観戦とか、いかがでしょう?

omomuroni_03_01


モノネタコラムのはずが大幅に道を踏み外していますが、かくいう私も(歴は長いものの)熱心に観ているのはここ数年のライトな野球ファン。今さら私が野球の魅力を語ったところで「ニワカ乙!」な訳で。

そこはやはり私なりのタテジマ・・・じゃなかったヨコシマな視点で、密かな盛り上がりを紹介できたらなと思います。すみません・・・ここからが本題でして(汗

野球が、かわいい?



雑誌《 &Premium 》で隔月連載しているミニコラムにも、最近は野球をテーマにした雑貨や個展が結構あるよと書いたのですが、そのひとつが今年3月に開催された《 野球かわいい展 》。


omomuroni_03_02


入る前からもう絶対かわいいと分かる、西神田のレトロなビル。

野球愛にあふれた作家さんたちによる、野球に関連する様々なモチーフを「かわいい」に昇華させた雑貨やアクセサリー作品が並んで居ました。女性のお客さんでいいっぱいでした。


omomuroni_03_03


左手前から:《 雨本洋輔 》さんの野球絵ハンカチ/《 清水はるか 》さんの毛糸のボール付きブックマーカー/《 阿良田蓉 》さんの12球団スタジアムの電光掲示板のイラストカレンダー。


omomuroni_03_04


発想の面白さに思わず買ってしまったコンセント&スイッチカバー。

その他にもユニークでシャレの効いたグッズなど、イベントの模様は公式twitter @89_kawaii に詳しく。一部は通販も。

omomuroni_03_05


イベントを主催した出版社さんの《 屋上野球 》。野球そのものよりも、野球にまつわる何かについて、文化系視点で野球を楽しむ雑誌。これずっと読みたかったのです。

文化系といえば。余談ですが最近は“野球じゃないほうの野球”を楽しむ《 YAQUE 》なんてユニークなサイトもあったりして、こんなところからも、盛り上がりを感じてしまいます。

同じく3月下旬には、世田谷ものつくり学校で行われた《 東京野球ブックフェア 》にも行ってきました。

omomuroni_03_06


巷で話題の本から超マニアックなポイントに注目した個人的なZINEまで、野球にまつわる様々な本を著者から直接購入できるコミケ的なイベントで、参加者も来場者もユニフォーム率高っ!こちらもけっこう女性が多く、ユニークな雑貨も発見。

omomuroni_03_07


はんだごてを使った作家《 alps 》さんのブックマーク。上写真のスポーツ新聞見出しキーホルダーも買えば良かったと後悔。/実は全チーム分欲しかった12球団鳥獣戯画ストラップ。贔屓チームが売り切れだったので迷って迷ってオレンジなウサギを。

これまで野球にまつわるあれこれを“かわいい”と感じたことは無かったのですが、こんな感じでさりげなーく日常に野球愛を忍ばせるのもイイなと、最近は野球モチーフの雑貨をつい買ってしまいます。

公式グッズも進化

さりげなくといえば。球団マスコットとロゴがどーん!みたいな従来の応援グッズに加えて、最近は公式が出しているグッズもこんな感じで進化しているんです。


omomuroni_03_08


こちらは“野球と日常のあいだに”がテーマのベイスターズ公式のライフスタイルショップ《 +B 》。横浜スタジアムの外にあるんですが、コーヒーショップも併設されたお店もまぁ洗練されてます。思いっきり普段使いできます。してます実際。

今回写真や情報は私の贔屓チームばっかりで申し訳ないのですが、今どのチームもグッズの充実度はすごいですよ。有名人やブランドとのコラボなど、ちょっと斜め上なグッズも含めて、個人的な印象は広島カープが特に凄かったような。

omomuroni_03_09


これはおまけ。とくに野球グッズではないんですが《 witte 》というWEBSHOPで一目惚れしたフェルト作家《 wakana yamano 》さんのブローチ。表情とモチーフの組み合わせと表情がシュールで絶妙で、自分らしく野球好きをさりげな〜く主張するアイテムとして普段からよく付けています。

球場、楽しいですよ

グッズからファンになるとか、全然アリだと思います。きっかけは何でも、実際に球場に行けば、それまで興味なかった人を魅了できる楽しさは十分。チームのファンじゃなくて特定の球場が好きな、いわゆる箱推しも居るくらいです。よく考えたら毎日のように2〜5万人を集めてるってどんだけビッグアーティストだ・・・。

各球場、ユニークなボックス席(私はリア充席と呼んでいる)があったり、選手や地元の名店とコラボした名物球場メシが絶品だったり、これタダでいいんですか?!っていうグッズが貰えたり、試合前後のイベントが楽しすぎたり(※)・・・

女性や子ども連れでも(いやむしろその方が)受けられる特典やサービスがいっぱいで、お酒も飲めて、途中参加も途中離脱も自由、それが2千円ぐらいから楽しめるんです。

ゲートを抜けると目の前に現れる広々とした空間、煌煌とした照明、雄々しい応援の歓声、この高揚感はクセになりますよ!


omomuroni_03_010


※毎年恒例の柳沢慎吾さんの 長過ぎる始球式 は必見!

オモムロニ。_profile
オモムロニ。

2003年にブログ「オモムロニ。」をスタート。かわいいもの、面白いこと探しが得意。現在は雑貨やインテリア、ギフトアイテムのセレクトなど、主に雑誌やWEBで活動。ライフスタイル雑誌「&Premium」(マガジンハウス)にて隔月コラム連載中。http://omomuroni.com
http://instagram.com/omomuroni

「これ、いいよ。」の一覧

これ、いいよ。 02. ネコもの
これ、いいよ。 01. 靴下
オモムロニ。

2003年にブログ「オモムロニ。」をスタート。かわいいもの、面白いこと探しが得意。現在は雑貨やインテリア、ギフトアイテムのセレクトなど、主に雑誌やWEBで活動。ライフスタイル雑誌「&Premium」(マガジンハウス)にて隔月コラム連載中。 http://omomuroni.com http://instagram.com/omomuroni

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。