レッスンバッグキットの作り方(※キットをご購入された方向け)

nunocotoのレッスンバッグ(おけいこバッグ)手作りキットまたは、1mで作れる入園入学グッズ4点セット手作りキットをお手元にご用意して、進めてください。

手作り通園バッグの「マチ」の付け方も合わせてご覧くださいね。

作業時間の目安【45分】

レッスンバッグキットの作り方

◎必要な道具
まち針、ハサミ、針と糸、レッスンバッグキット

ミシンの縫いはじめと縫い終わりは必ず返し縫いをしてくださいね。
手縫いの場合は、細かいなみ縫いか半返し縫いで作りましょう。

【仕上がりサイズ タテ32cm ヨコ38cm】

▼以下のようにパーツをカットしましょう
・表用の布:タテ34cm×ヨコ40cmを2枚
・裏用の布:タテ34cm×ヨコ40cmを2枚
・ポケット用の布:タテ19cm×ヨコ20cmを1枚
・持ち手用アクリルテープ(2.5cm幅):70cmを1本

1.表布同士を中表に合わせ、底を縫い合わせる

表布2枚を中表に重ねます。長い方の直線をぬいしろ1cmで縫い合わせましょう。ここがバッグの底になる部分なので、柄の向きにご注意くださいね。
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

縫い合わせたら、ぬいしろをアイロンで割っておきましょう。
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

2.ポケットを作り、縫い付ける

ポケット用布の両端と底側にジグザグミシンをかけて布端の処理をします。(コの字型)
※手縫いの場合は5mmの三つ折り
ポケット口側を、5mm→1.5cmの三つ折りにして縫います。
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

キルティング生地の本体の表側に縫い付けます。(柄の向きに注意)
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

3.持ち手を縫い付ける

持ち手をキルティング生地側に縫い付けます。表面の左右センターに待ち針で固定して仮止めをします。持ち手の長さや間隔はお好みで。

ひもは布端から1cmほど出して縫います

レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方
布端から1cmほどひもを出して縫い付けましょう。重い荷物を入れてもひもが外れにくくなり、全体のバランスや強度がアップします。

レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方
待ち針で留めるだけでは心配、という方は、一度ここで縫ってしまっても。

4.本体同士を中表に重ねて縫い合わせる

下記のようにキルティング生地の本体に、表布の本体を重ねます。
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

本体の上下になる部分(短い方の直線)を縫います。
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

5.脇を縫い合わせる(マチをつくる)

ここで、本体のたたみ方を変えますよ。
両手で表布の真ん中をつまみ上げ、そのまま左に倒すように移動させると、、、
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

下記のように、表布同士・キルティング同士になりました♪
そのまま本体のサイドになる部分(長い方の直線)を一気に2本縫いましょう。
裏本体側に1カ所、返し口として7cmほど縫わずにあけておくのを忘れずに!
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

タグを挟み込む場合は、脇を縫うときに挟んで一緒に縫いますよ。
※「手縫いガイド」を参考にお好きな位置につけてくださいね。
入園バッグ・通園バッグの作り方

マチをつけたい方は、手作り通園バッグの「マチ」の付け方を参考にマチを作ります。

6.表に返し、返し口をとじる

返し口から本体全体を表に返します。
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

キルティングはあまりきっちり引き出さなくてもOKですが、表布は目打ちなどを使って角までしっかりと引き出しておきましょう。
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方
そして、返し口を手縫いでとじます。コの字まつり縫いだと、縫い目が目立たずきれいです。

返し口を手縫いでとじます。まつり縫いがおすすめです。
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

7.形を整えて、完成!

こうなりました。
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

返し口をとじたら、キルティング本体を表布本体側へ押し込むようにして入れ込みます。
レッスンバッグ(通園バッグ)の作り方

できました!
入園バッグ・通園バッグの作り方

作ったキットはこちら

レッスンバッグ(おけいこバッグ)手作りキット
1mで作れる入園入学グッズ4点セット手作りキット

nunocotoスタッフからのおしらせなどです。

あわせて読みたい

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 15,000円以上のご購入で送料無料