パッチワークで作る、巾着袋

いつもの巾着袋を、パッチワークでかわいく仕立ててみます。
ちょこっとだけ残った、かわいいから捨てられない、だけど何に使おうかな、
というハギレありませんか?

かわいいハギレを集めて、パッチワークにしてみましょう♪

▼材料はこちら!

巾着袋の材料

  • 表布:タテ15×ヨコ7cm 6枚
  • 裏布:タテ45cm×ヨコ17cm
  • ひも:50cm 2本

nunocotoのパッチワークにおすすめ!ミニハギレ 30枚スペシャルアソートセットを使用しました。
パッチワークにおすすめ!ミニハギレ 30枚スペシャルアソートセット

パッチワークで作る、巾着袋の作り方

1.表布を縫い合わせる

まずは、生地の配置を決めましょう
小さなハギレで作れるので、お好きな柄を選んでみてくださいね♪

ぬいしろ1cmで、横に3枚つなぎ合わせます。


縫い合わせたら、アイロンでぬいしろを割っておきましょう。

これを2枚用意します。

用意した2枚を、次はタテにつなぎ合わせます。
2枚を中表に重ね、底部分をぬいしろ1cmで縫い合わせます。

上下の向きがある生地を使用する場合は、生地の向きに注意してくださいね。
アイロンでぬいしろを割っておきます。

2.表地と裏地を、縫い合わせる

先に、裏地の端からそれぞれ5cmのところに
アイロンで折り目を付けておきます。


※完成した時に、この折り目が巾着の袋口になります。

表地と裏地を中表に合わせます。

この時、表地と裏地の長さがものすごく違いますが、大丈夫です!
生地の端と端をピッタリ合わせ、ぬいしろ1cmで縫い合わせましょう。

どちらか片側に、返し口を6cm残しておきます。

もう片方は、通常通りに縫い合わせます。

縫えたら、ぬいしろはどちらも、表地側へ倒しておきます。

この時、生地は輪っか状になっています。

生地をたたみ直します。

先ほどアイロンで付けた折り目同士と、表地と裏地の切り替えライン同士、
この2つをピッタリ合わせます。

ひも通し口2cmを残して、両脇を縫います。

縫い目を切らないように、角の余分なぬいしろをカットしましょう。

3.表に返し、ひも通し部分を縫う

アイロンでぬいしろを割り、返し口から表に返します。

一旦、全部を表に返したら、先ほどアイロンで付けた折り目で折り、
裏地を表地の中へ入れ込むようにして形を整えます。

目打ちなどで角を出し、アイロンで形を整えたら
袋口から2cmのところと、表地の際をぐるっと一周縫います。

ここで返し口が閉じられるので、
返し口を手縫いで閉じる必要がないんです!

3.パッチワークで作る巾着袋の完成

ひもを通したら、完成です!!!


パッチワークの布の割合を変えたり、無地の生地を入れたりすると、
また雰囲気の違うアイテムにすることもできますよ。

パッチワークにおすすめ!nunocotoハギレセット

▼nunocotoのパッチワークにおすすめ!ミニハギレ 30枚スペシャルアソートセット
パッチワークにおすすめ!ミニハギレ 30枚スペシャルアソートセット

初心者OK! 簡単可愛いパッチワークレシピ

パッチワークの基本から作り方レシピまで、ハギレ活用におすすめの記事

  • 初心者におすすめ!パッチワーク 基本の縫い合わせ方(ナインパッチ)
  • 可愛くかんたん!お弁当包みにもなるランチョンマットの作り方


  • その他、ハギレ活用のレシピ集はこちら↓
    【ハギレ活用法】小さな可愛い布、ハギレを使って布小物を作ろう!



    ◇おしらせ◇


    布・生地の通販サイト:nunocoto fabric
    ◎商用利用可のデザイナーズファブリックが2,000種類以上!

    SNSをフォローして最新情報を受け取ろう!

    Line

    ×
    Avatar photo

    nunocotoスタッフからのおしらせなどです。

    あわせて読みたい