その1:ウェブでオーダー&採寸編

きっかけはオンラインで買った一着のスプリングコート。
素敵な雰囲気で、きれいなモデルさんで、かっこ良くスタイリングした写真にすっかり魅了されて、気づいたらポチっと。

でも冷静に考えれば、欲しい色はモデル着用写真も無くて、
サイズも「産後に着る用だから大きめかな」と、ざっくり選んでしまいました。
気付いたときには、はい、遅し。

届いた商品(コート)を見て、
「…あれ。なんかちょっと違う。いや、だいぶイメージと違う・・・」

それでも気持ちを奮い立たせて着てみると、
どー見てもガボガボな大き過ぎサイズに、顔色にどうも合わない色味。

ポチっとしたときの気持ちとの落差の激しいこと。。。

ほんとはリアルな店舗をいくつも回って試着を重ねて、ぴったりのものに巡り合えればそれが一番なのですが、それって果てしなく時間が掛かりますよね。

時間がない身には、ウェブ上で買えるってやっぱりありがたいのです。
でも失敗したくない。もう失敗したくない。好きな布でちゃんとサイズが合ったものが欲しい~!!

それならどうしたらいいでしょう。

そんな私たち(たちって言いました。すみません)にぴったりなサービスがありましたよ!

それが「プチオーダーメイド」です。

完全にオーダーメイドとなると、完璧な自分サイズになる分、
すべての箇所の寸法を測らなきゃいけないし、お値段もそれなりに張るしでちょっと敷居が高い気がします。

だけど、ここでの「プチオーダーメイド」というのは、基本となるサイズがあって、
それに+α的に、たとえば“身頃をちょっと細目に”とか、“袖を長めに”とか
自分の身体に合うように調整してもらうことが可能。

だからメールでのやり取りで事足りるんです。

それに、何と言っても布を自分で指定(持ち込み)できる!!

好きな布で作った自分だけの服が手に入るということです。
まさに世界に一着のオリジナル!

ordermade_011

オーダーしたのは、先日インタビューでお世話になった「m+(エムプラス」さん。

以前からこんな感じ↓でFacebookで製作途中のオーダー品がアップされるのを見ていて、
素敵だなーと思っていたのです!!

ordermade_012

まずは通常通りオーダーしてみました。

m+さんのブログや、本サイトの[Contact]からメッセージが送れます。

オーダーしたいアイテム(「ローブコート」と決めていました!←コートに未練あり。)をメールすると、布の持ち込みがある場合とない場合のお値段が送られてきます。

ここはぜひ、nunocoto fabricで作ってみたい!と思っていたので、
「裏地のみ持ち込みあり」
ということでお願いしました。

さらに、表地をどの布にするか(m+さんから数種類提示があります)、サイズについてやデザインについて要望などは、このタイミングでお知らせします。

ここからはちょっとイレギュラーですが…。ちょうど取材のタイミングと合ったので、ざっくりと採寸していただけることになりました!
どの布にするかもその場で決めましょう、ということに。

▼ここから採寸です。

まずはメインとなる表地をどうするか、ご相談。
基本的にはm+のカナザワマイさん(以下、カナザワさん)も、いつも布をストックしているわけではなく、オーダーが入ってから、布屋さんに発注されています。

でも、布のサンプルはたくさん持っていらっしゃいますよ。

mplus_order_01

リネン、というだけでも、そしてブルー一色にしてもほんとに色々な手触りがあって、、、

ここでわたし、悩み過ぎました。企画とはいえ自腹なので(笑)毎日着たくなるぐらいのにしよう!! と真剣に悩み過ぎました。(カナザワさん、ごめんなさい)

「通常のオーダーだと、色だけ伺って、あとはだいたいお任せくださることが多いですね」とカナザワさん。

たしかにたくさんあるよ、と見せられると悩んでしまって先に進まないので、カナザワさんを信頼してお任せ!としてしまうのが賢明かもしれません。

mplus_order_02

…まだ悩んでます。

「いつも黒か白かグレーばかり着てるので、明るい色がいいのかなと思うんですけど、やっぱりネイビーとかそういうのが好きなんです」

「コートは分量が多いから、色で雰囲気が全然ちがうものになりますよね~。でも表地が濃い色でも裏地が明るい色なら、チラっと袖をまくったときコントラストが効いてかわいいですよ」

mplus_order_04

「あっ、このリネン、厚みがあってふんわりしてますね」

「ここのメーカーさんのリネンは、風合いがあって素敵ですよ。これに裏地が付けば結構あたたかいと思います。逆にこっちのメーカーさんのリネンは、すごくさらりとしているから夏場でも着れそう」

なるほどふむふむ…。

普段のワードローブと合うかどうかを考えて、何より生地自体が好きかどうか、などなど、迷うこと10分。

表地は生成りに決定!!(やっと・・・)

お次は裏地です。

nunocoto fabricから、生地の質感違いで数種類持参してみました。

mplus_order_03

「裏地というと、薄手でツルツルした生地が最適と言われてますが、私はけっこう何でも合わせられると思っています。このコットンリネン(yurayura)も、この薄さなら十分裏地に使えますよ。透明感がある生地だからナチュラルな感じになりそう」

mplus_order_05

「ほら、織の目がとても細かいので、(裏地にしたときも)すべりが良いと思いますよ」
「あー、ほんとですね」

mplus_order_07

「よし、決めました。これにします」
「うん、いいと思いますよ。これなら脱いだ時もかわいいですね」

てんてん模様が可愛いdottriangleのレッドにしました。シンプルな生成りの、良いアクセントになってくれそうです!

それぞれの生地について、生成りの表地と合わせたときの仕上がりイメージを説明してくださったのがとても嬉しかったです。

通常のオーダーのときは、お客様とはメールだけのやり取りながらも、できる限り希望のイメージを聞いてその上でアドバイスをしているというカナザワさん。
こちらのコートに関しても、フリーサイズで作っているものですが、丈や身頃などの部分的な調節は考慮してくれるそう。

mplus_order_08

「じゃあオーダー表を作りますね。これをもとに生地を発注します。大体2か月でお届けできると思いますよ」

「あの~、当たり前ですけど着ちゃうと裏地が見えないので、袖をくるっとまくっていたいんです。あと身頃がぶかぶかしないかちょっと心配です…(←ぶかぶか恐怖症)」

「なるほど。じゃあ、これ、わたし用に作ったサンプルがあるので、ちょっと着てみます? 同じパターンになるので」

mplus_order_010

というわけで試着させていただきました!!
(ロボットみたいな立ち姿になっておりますが、そこは気にしないでくださいね)

結果、身頃もちょうど良い感じだったので、調節は無しでOKということに。袖は5cm長めに仕立てていただけることになりました。

mplus_order_09

というわけでやっとオーダー完了。

ここまでくればもうあとはウキウキしながら待つだけです。

おめこぼしで恐縮ですが、出来上がるまであともう少し、お付き合いください…!!

(「その2:仕上がる過程がチラ見えする楽しさ編」へ続く)

nunocotoスタッフ小宮


ico_index

その1:オーダー&採寸編
その2:仕上がる過程がチラ見えする楽しさ編
その3:自宅に届きました&オーダーしてみてよかったこと編


nunocotoスタッフ小宮

nunocotoスタッフ。編集・コンテンツ系を主に担当。2人の男児の母。手づくりするのはだいたい真夜中。I-padを相棒に、昔のドラマや映画を観ながらチクチクするのが好きです。新聞配達のバイクの音で我に返ることもしばしば…。でも作っている間は不思議と眠くならないんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。