Vol.6

マタニティフォトってなあに?

海外セレブや芸能人の間で流行ったことがきっかけで、今では一般にも浸透してきているマタニティフォト。その名の通り妊婦の姿を残しておくための記念写真のことです。お腹の中に命が宿っている期間は、一生の中で考えればごくごく短い時間。「今だけしか撮れない貴重な写真をぜひ残しておきたい!」と考えているプレママも多いのではないでしょうか?そこで今回は、マタニティフォトの撮影方法や楽しみ方などをご紹介します。

いろんな撮り方を楽しめるマタニティフォト

ひと昔前は、記念写真といえば写真館で撮影するものでしたが、今では出張カメラマンにお願いしたり、ずらりと衣装が揃った子ども専用の写真スタジオで撮影したり、いろいろな方法があります。マタニティフォトも、家族に撮ってもらうスナップから、マタニティフォト専門のスタジオにお願いするものまでさまざま。どんな写真を残したいか、予算はどのくらいかなど、家族で話し合って決めると良いでしょう。
妊婦さんひとりで撮影することもできますが、パートナーと二人で撮影したり、生まれてくるベビーのお兄さんやお姉さんとなる兄弟と一緒に撮影したりするのも素敵。過ごしやすい季節ならば、出張カメラマンにお願いして、野外で自然光を活かした撮影も良いですね。この機会にマタニティヌードを残しておきたいという場合は、マタニティフォト専用スタジオでの撮影がおすすめです。

こちらの、マタニティフォト専門情報サイト「photohug フォトハグ マタニティなら、
マタニティフォトを撮影してくれる全国のフォトスタジオを、簡単に探すことができます。
baphotohugna
便利なサイトを利用して、効率よく探せたらいいですよね。

マタニティフォト専門のスタジオのメリットは?

マタニティフォト専用スタジオの場合、妊婦さんにぴったりの衣装が揃っていたり、プロのヘアメイクの手によってお腹の産毛や妊娠線などの気になる部分を隠してもらえたり、というメリットがあります。プロのヘアメイク、ライティング、撮影技術で、タレント並みの仕上がりになることも…!
また、小さなお子さんが一緒の場合は、子どもの撮影に慣れたプロカメラマンに撮ってもらうことで、最高の笑顔を引き出してもらえる可能性が上がります。
非日常を味わえる撮影スタジオのセットに囲まれての撮影は、頻繁にお出かけできない妊婦さんの気分転換としてもおすすめ。

マタニティフォトを撮る時期は?

マタニティフォトは、お腹が大きくなってベビーの存在感が増してくる7ヶ月~9ヶ月頃に撮影するのが一般的です。臨月ぎりぎりに撮影する人もいますが、妊婦さんの体調を考えると、日程変更がきく程度に余裕を持ったスケジュールがベストでしょう。
出産予定日の間際に撮影するつもりでいたら、予定日より出産が早まってマタニティフォトの撮影が間に合わなかった…というケースもあるので注意!

もっとマタニティフォトを楽しむ一工夫

最近は、安産祈願のおまじないとしてお腹にイラストを描く「ベリーペイント」が人気。身体に負担のない舞台メイク用のアクアカラーやボディペイント用のアクリルカラーを使うため、ベリーペイントの寿命は長くても1日。そこで、ベリーペイントを施したうえでマタニティフォトを撮る妊婦さんが増えているそうです。
また、マタニティフォト撮影時にお腹に巻いたサッシュリボンベルトを、生まれてきた赤ちゃんにつけて再度撮影するのもおすすめ。将来お子さんが写真をもらったときの感動が2倍になるかも!?

マタニティフォトの楽しみ方は、無限大。今しか撮れない写真なので、撮影時は恥ずかしさを忘れて堂々と撮るのが素敵な写真に仕上がるポイントです。プロに頼むのは気がひけるという人は、パパに頼んでスナップを撮ってもらうだけでも記念になりますよ

  • 写真提供 : Photo Studio DanDelion

    3人のお子さんを持つ女性カメラマンが、可愛い小物たちに囲まれた異空間のスタジオで撮影してくれます。

  • < お問い合わせ先 >

    メール : info@ddlion.jp

    電話 : 070-6658-8555

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • お買い上げ6,000円以上で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。