20161/13

新しい年、愛らしいお菓子とともに春を待つ。

2016年になりました。
皆さま、今年も「あまいお菓子のおたのしみ -昼下がりの甘味-」を、どうぞごひいきに。

さて今回は、お正月の楽しくも慌ただしい時間が一段落、
お子さまの冬休みもおしまいになった頃に、おすすめのお菓子をご紹介します。

まずは、いかにもおめでたい雰囲気がうれしい森八の上生菓子、
珠鶴(たまづる)と松重(まつがさね)

takahashi08_01

お菓子屋さんを訪ねてみれば、キュートな上生菓子が随分増えたなあと思うけれど、
私はどちらかというときれい目好み。

森八の上生菓子は、ちょっと控えめなくらいやさしげな雰囲気で、色あいがとても美しい。
特にこの珠鶴、中のこしあんが少し透けてグレーに見える部分などは、
ため息が出るほどである。松重の緑色も、鮮やかだ。
もちろん、口に運べばすうっと広がる甘みにもう一度ため息が出る。
takahashi08_02

加賀藩御用菓子司でもある森八は、日本三大名菓である長生殿で知られる老舗中の老舗。
さすがの貫禄、大勢で食べていても、なんだかしみじみと味わってしまうお菓子だ。

続いては、同じく金沢の福うさぎの、蒸しまんじゅうときんつば

蒸しまんじゅう福うさぎは、餡が5種類。
takahashi08_03
五郎島金時(サツマイモ)・能登大納言・棒茶・能登産かぼちゃ・
石川県産ゆずで、いずれも石川県の名産品だ。

餡の味はくっきりと濃く、皮はもっちりと弾力があり、
食べてみると小さくて愛らしい見かけの印象がガラリと変わる
しっかりとしたお菓子だと思う。

きんつばは、五郎島金時と能登大納言の2種類があり、こちらはあっさりタイプ。
takahashi08_04
重たくないので、おやつだけではなく、デザートにもいいし、年配の方にも喜ばれる。

そしてどちらもお菓子も、包み紙をそのままお皿代わりにしてしまうような
カジュアルなお茶の時間にも似合う。
takahashi08_05
しかも、その無造作な景色をかわいくしてくれるパワーがある。
素材の金沢らしさに新しさも加味された、手土産にもおすすめのお菓子である。

最後は、銀座菊廼舎(きくのや)の冨貴寄(ふきよせ)を。
冨貴寄は、小さな干菓子が約30種類詰められた菊廼舎の代表銘菓。
takahashi08_06
宝づくしと呼ばれるおめでたい図案がたくさん描かれた
オリエンタルな缶(縁が金色のところも好き)を開けると、
中にはいろいろな形をした小さなお菓子がいっぱい! かわいい!!
入るところまできっちりと詰められているのも、
お店の真面目さが感じられていいなと思う。
takahashi08_07

特筆すべきは、食感や味のバリエーションの豊富さ。
かりかりサクサクぽりぽり……それから時々シャキッ、ぽくっ!
ひんやりとしてなめらかなお砂糖はしっかりと甘く、
のりやごまのかかったものはしょっぱい。
小さくてどっさりあっても、どんな味があるかを楽しみに、
飽きることなくどんどん食べられてしまう。
takahashi08_08

ちなみに、冨貴寄には季節限定缶やお祝い用のオリジナル商品がある。
お年寄りにも小さな子にも安心なお菓子である上、
板状のお干菓子にメッセージを入れることもできるので、
内祝いや創業・退職・還暦のお祝いなどに、使いたい。
冨貴寄の缶のある風景というのは、とても絵になると思う。

立春まであとわずか。
かわいらしいお菓子を一緒に、穏やかに待ちたいものである。

皆さま、どうぞ召し上がれ。

【今回ご紹介したお店】
・森八 http://www.morihachi.co.jp/
・福うさぎ http://www.fukuusagi.jp/
・菊廼舎 http://www.ginza-kikunoya.co.jp/index.html

profile_takahashi
高橋真生(ひらがな暮らし案内所)

ライター、文章表現講師。
暮らしや育児・本など、人とことばを軸にした情報の発信と、自分の思いを表現する力をつけるお手伝いが主な仕事。
甘いもの好きで、やんちゃな男児にてんてこまいの新米母。
ブログ ひらがな暮らし案内所 http://hiraga7.exblog.jp/
AllAbout公式ブログ 日本のこと、日本のことば http://maitaka84.hatenablog.com/

「あまいお菓子のおたのしみ -昼下がりの甘味-」の一覧

花笑う頃、思い出のお菓子を振り返ってみる。
お皿の上ではもう春、を堪能してみる。
慌ただしい師走には、一口で別世界へ行けるお菓子を選ぶ。
自然に近い滋味のあるお菓子で、秋に浸る。
職人技に感激! 多彩な栗菓子にときめく。
草花にお菓子に、繊細な秋を見つける。
涼やかなお菓子の力で、優雅に残暑を楽しむ。
夏バテ対策! おやつでココロとカラダを健康にしてみる。
暑さと雨とにめげそうな日には涼やかなお菓子をいただく。
若々しい新茶には伝統の小さなお干菓子を添える
春に誘われて乙女な和菓子をいただく。
高橋真生

高橋真生(ひらがな暮らし案内所ライター、文章表現講師。 暮らしや育児・本など、人とことばを軸にした情報の発信と、自分の思いを表現する力をつけるお手伝いが主な仕事。 甘いもの好きで、やんちゃな男児にてんてこまいの新米母。 ■ブログ ひらがな暮らし案内所 http://hiraga7.exblog.jp/ ■AllAbout公式ブログ 日本のこと、日本のことば http://maitaka84.hatenablog.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。