• ホーム
  •  > スウィーツ
  •  > テーブルにもクリスマスを。ストロベリーホワイトモカのレシピ

201512/11

テーブルにもクリスマスを。ストロベリーホワイトモカのレシピ

1年で1番、町も気分も華やかになる大好きな季節がやってきました。
寒くなると出不精なわたしは、
家で過ごすことが増える一方なのですが、
この時期はお店の飾りやイルミネーションを見たり、流れてくるクリスマスソングを聴いたりするのが楽しみで、足取り軽く出かけています。
クリスマスが近づくと条件反射のようにうきうきする気持ちは、子どもの頃から変わらないものですね。

shimomura05_02
ここ最近のお茶のじかんは、編んでいるカーディガンはひと休みさせて、
もっぱらクリスマスのオーナメントやスワッグ、おやつを作っていました。

今年はやっとクリスマスツリーを買ったので、うきうきと飾り付けをしました。
それほど大きいツリーではないのですが、
毎年少しずつ集めていたオーナメントだけでは足りなかったので、
手編みでくつした、白樺樹皮で星、麦わらでヒンメリを作りました。
やはりツリーを置くだけでぐんと部屋がクリスマスっぽくなりますね。
子どもは大喜びし、ツリーに無関心だった夫まで、お!良いねと言いだし、家族みんなの心がほっこりしています。

shimomura05_03

そしてこの時季、飾りとともに楽しみなのは
クリスマスのケーキやシュトーレンではないでしょうか。
先日近くの製菓材料店でシュトーレン用のスパイスミックスとラム酒のフルーツ漬けを見つけました。
いざ作ろうと思っても、スパイスを揃えてフルーツ漬けを作るところから始めるのは億劫だったので、
これならすぐに作れると嬉しくなり、今年は作ってみることにしました。

shimomura05_08

ちょうどヨーグルト酵母でパンを作っていたので、
シュトーレンもヨーグルト酵母で。
捏ねるのはホームベーカリーに任せて、夜仕込み、
寝ている間に発酵させ、翌日焼くという、
パン作りとあまり変わない手順で完成しました。
焼いたあとにまぶす大量のバターと粉砂糖の量にはびっくりしましたが、
たくさんまぶすことで日持ちがするそうです。
shimomura05_07

自分用にできた2本は、1本は味見を兼ねて翌日から、もう1本は10日置いてからと、日を追うごとにしっとりまろやかになっていく味の変化を楽しみに、
クリスマスまでのお茶のじかんを過ごしています。

shimomura05_04

今回のドリンクは、白くてほわっと甘く、いちごの赤と甘酸っぱさがアクセント。
クリスマスをイメージして作りました。

ストロベリーホワイトモカのレシピ

1)牛乳100ccにホワイトチョコレート2かけらを割り入れ、電子レンジ600wで1分半温める。
2)温めた牛乳を電動ミルクフォーマーで、チョコを溶かしながら泡立てる。
3)エスプレッソ(50cc)をカップに注ぐ。
4)泡立てた牛乳をカップの8分目まで注ぐ。
5)ホイップクリームを絞り、フリーズドライフレークのストロベリーをトッピング。

shimomura05_05

エスプレッソは直火式エスプレッソメーカーで淹れていますが、
濃く淹れたコーヒーやインスタントコーヒーでも代用できます。
ホワイトチョコレートは森永製菓のDARSを使用。
フリーズドライフレークは富澤商店で購入。
トッピングにちょっとだけ使いたい時に、少量パック(108円)が便利。
エスプレッソを入れなければ、ホワイトホットチョコレート。
それもまた美味しいです。

shimomura05_06

この時季ならではの華やかな飾りや雰囲気、
そしておやつに毎日うきうき。
美味しいお茶を用意して、
素敵なホリデーシーズンをお過ごしくださいね。

shimomura_profile
tomo

1982年生まれ。広島出身埼玉在住。一児の母。某有名コーヒーチェーンで働いていたこともあり、今でもコーヒーは毎日の生活に欠かせないものに。10年前にミシンを買って以来、ハンドメイドやお菓子作りをのんびりと楽しむ日々。Instagramでは、暮らしの中の手づくりアイテムやスタイリングを中心にちょこちょこ更新中。https://instagram.com/tomo0330/

「一人じかん、お茶じかん。」の一覧

簡単なのに、こっくり甘い。キャラメルマキアートのレシピ
お茶まわりも冬じたく。チャイティーラテのレシピ
編み物時間のお供に。抹茶ラテとほうじ茶ラテのレシピ
チョコレートシロップがおそろいの、カフェモカとアイスココアのレシピ
真夏の定番、アイスカフェオレとティーソーダのレシピ
tomo

1982年生まれ。広島出身埼玉在住。一児の母。某有名コーヒーチェーンで働いていたこともあり、今でもコーヒーは毎日の生活に欠かせないものに。10年前にミシンを買って以来、ハンドメイドやお菓子作りをのんびりと楽しむ日々。Instagramでは、暮らしの中の手づくりアイテムやスタイリングを中心にちょこちょこ更新中。https://instagram.com/tomo0330/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。