おくるみの手作りキットが手元に届いてからどんな風に作ったらいいの?ということで、実際におくるみを手作りしてみました!参考にしてみてくださいね。


nunocoto大人気の【フード付きおくるみ】を手作りしてみます。手作りキットに含まれているものはこちら。
あらかじめカットされた布3枚、nunocotoタグ。あと、イラスト入りのおくるみの作り方レシピもついています。

まずはフードになる布を三角形に折りたたみます。

おくるみ本体の布を中表に合わせて、その間にフードを挟み込みます。

布のしわを伸ばして、きれいに重ねます。2枚の布がずれないように、まち針を打ちましょう。
布が折りたたまれたり、くしゃくしゃにならないように、大きな机や床など広いスペースでやりましょうね。

2枚の布を重ねて、両方のサイズが合っていなければ、ハサミで切りそろえてください。

さて、いよいよおくるみを縫っていきます!ぬいしろを1センチ程とって、ひたすらまっすぐ縫い進めます。
押さえ金を布端に合わせて縫うもよし、不安なときは始めに縫うガイド線を引いておくのもオススメです。
返し口は縫わずに15センチ程残しておきましょうね。

ぬいしろの角はハサミで切り落とします。こうすることで、表に返したときにゴロゴロしないんですよ。

返し口から布を表に返します。
ちゃんと形になっているかな?ちょっと緊張の瞬間です…!

今回はタグを返し口のところに挟み込むことにします。
フードやおくるみ本体に縫い付けたり、お好きなところに付けてくださいね。

まつり縫いで返し口を閉じます。先ほど入れ込んだ、タグも一緒に縫います。
ずれないようにまち針を打ってくださいね。

おくるみが手作りできました!手作り時間はミシンで1時間ほど。手縫いだと3~4時間ほどかかります。
縫い始める前に、しわをきちんと伸ばすのがポイント!可能ならばアイロンを使いましょう♪

直線縫いだけで簡単に手作りできる、フード付きおくるみ。裏がキルティングなので、程よい厚みがでるのが特徴です。
ねんねの時以外にもプレイマットとしても活躍してくれる、優れものですよ♪
▼今回作ったおくるみはこちら
シカクおくるみ:あまつぶガーゼ×キルティング

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 6,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。