井上アコさんインタビュー|nunocoto

服作家・ライブ刺しゅう家:井上アコさんインタビュー(at kokoti cafe)

とつぜんですが、刺繍、というとどんなイメージがありますか?
東欧のレトロな花柄の刺繍、芸術作品としての中国の刺繍、オートクチュールをベースとしたフランス刺繍、それから、季節や情景を糸で表現する日本刺繍など。
野球のユニフォームやスカジャンなんかも。あれも立派な刺繍です。
いずれにしても「刺繍」というその言葉には、ちょっと聖域のような雰囲気があって、気軽に挑戦しにくい・・。そんなイメージがありました。

でも、そうじゃない。やりたかったらやりたいようにやればいいんだ!と思えたのは、井上アコさんの刺繍に出会ってから。

井上アコ

アコさんのらくがき刺しゅう。こんなにさりげないのに、一度見たらずっと忘れられないような存在感。


アコさんの刺繍は、初めからとってもシンプルでした。
人が大好きなアコさんの刺しゅうは、人と人をつなぐためのツールであって、とにかく自由!自由でトキメキがいっぱい詰まった線のあつまりです。

kokoti cafeさん

名古屋です。
実は人生初の、in名古屋です。
駅がかなり大きくて迷子になりそうなところを、アコさんに案内されて東山公園駅前にある「kokoti cafe」さんへ。
アコさんはここの常連さんです。
「おじゃましまーす!京子さん、東京からのお客さま連れてきましたー!」というアコさんの元気な声と共に、ドキドキしながらお店へ入ります。


東山公園駅から徒歩10秒、通りに面して自然光がたっぷり入る広々とした空間が素敵なカフェです。

― わぁ〜、素敵。。かもめ食堂ですねこれは。

「でしょう?(オーナーの)京子さんは大のフィンランド好きで、年に何度も行かれてるんですよ。私はこちらでときどきイベントをやらせていただいます」

― こんなところでイベントなんて、うらやましい!今日はワークショップのことと、アコさんの普段の活動、それから刺繍について教えてほしいです。

‥と思っていたら、隣のテーブルではおりがみ講座が始まりました! 親子かなと思ったら違いました。ここのスタッフさんと、ふらっと立ち寄った近所の男の子!

こんなおしゃれなカフェでくつろげるなんて。うらやましい・・。


小さいけれどしっかり常連さん。京子さんやスタッフさんとじゃれ合ったり。

誰かのために、が出発点

現在は、子ども服「クチル・ポポン」としての活動と並行して、各地での親子向けワークショップが人気のアコさん。

― アコさんは、もともとは大人服を作っていらっしゃったのですね。ずっと服作りの業界にいらしたのですか。

「服飾系の専門学校には通ってましたが、私は洋服が好きというよりも、人が好きなんです。人が喜んでいる顔を見るのが好き。そこがベースかもしれません。たまたま自分は洋服が作れたから服作りをしているという感じ。この人のために何か作りたいっていう気持ちは今も変わりませんね」

― 人ですか。

「基本的には会って話して、この人だったらこういうのが似合うだろうなとか、こういう風に着こなしてもらいたいなとか。その気持ちが出発点。ってこれ、ファストファッションの逆をいってますね。効率も良いとは思えないし(笑)でもそうなんです。だから、自分のために作る、っていうのはあまりないですね。誰かのために、っていうのが好きなので」

うねうねは子どもの個性そのもの

― 最近は特に、子どもをテーマとした活動の方面で活躍されていらっしゃいます。お仕立てから刺しゅうにシフトされていったきっかけは何ですか。

「今は服と刺しゅうが、割合的には半々ぐらいですね。でも、ここ数年はおかげさまで子ども向けのワークショップもすごく増えました。らくがき刺しゅうの本が出てからかな」


毎回大人気の親子ワークショップの様子。お母さんが刺しゅうするときもあれば、子どもが自分で刺しゅうするときもあります。ワークショップの中でも、アコさんがその場で子どもたちが描いたイラストを見ながら下描きなしで刺しゅうしていくのが「ライブ刺しゅう」。(写真はアコさんのブログよりお借りしました)

― ライブ刺しゅう!。あれはほんとにいい企画ですよね。でもアコさんじゃないとできない気がします。初対面の子どもたちといきなり1対1で長いこと話すのって、なかなか大変じゃないですか。会話に困っちゃいそう。。

「大変だけど、楽しいんですよ、これが。年齢・性別で反応も様々だし、何より持ってくるイラストがとにかくみんなかわいい!基本はイラスト原画に忠実に糸で再現するようにしています」

― らくがき刺しゅうの本やブログで拝見すると、その再現の細かさにびっくりします。はみだした線や何の気なしに描かれた点なんかもしっかり刺しゅうに落とし込まれるんですね~。私だったらうううめんどくさいなって省いちゃいそう。

「そうですね、それはあえて必ず再現するようにしてます。なんだろーこのうねうねは、って考えながら刺すのが楽しいんですよ。子どももそういうところまで再現してあげると、すごく喜ぶんですよね。」


子どもの個性が一番出るという、噂のうねうね。口元のハネもちゃんと刺しゅうで再現!(写真はアコさんのブログよりお借りしました)

― うねうね、ですか。

「うねうねめちゃめちゃ大事ですよ。その子の個性が出るところですからね。」

― 子どもの描く線って何とも言えず可愛いですもんね。あれは大人には描けない。

「そうそう。ほんとに子どもの時期でも一瞬じゃないですか。独特の線っていうか。まる描いても、同じとこ、スタート地点に戻ってこないですよね。あのズレがたまらないですね~。そういうズレを見ると、これこれ!と再現しますね。」

― 大好物が来たぞ、と(笑)

「そうそう(笑)」


その一瞬にしか生まれない線をずっと残すために布に写し取るのが刺しゅう。描いた子どもにとっても世界に2つとない宝物になるはず。(写真はアコさんのブログよりお借りしました)

アコさんのライブ刺しゅうをもっと知りたい!という方は、こちらの本がおすすめ。ライブ刺しゅう・らくがき刺しゅうの魅力がたっぷり詰まった1冊です。

『井上アコのらくがき刺しゅう』(自由国民社)

子どもの描く線はキュンキュンの集合体

― 子どもたちの線といつも向き合っていらっしゃるアコさん。アコさんにとって子どもの描く線とはどういうものでしょうか。

「そうですね、そもそも線って縫い目の集合体だと思っています。それは私が刺しゅうをするからかもしれませんが。縫い目ってその人の人となりが出るんですよね。たとえば小宮さんがバックステッチをする。それは縫い目の大きさとか間隔とか太さとか全てを見れば小宮さんだけの線なんです。無意識に一番好きな縫い目を見つけてるはずだと思うんですよ。それがつながっていくのが線であって。」

― なるほど。そうかもしれません。好きな縫い目、あるかも!それが線なんですね。でも子どもたちのイラストは最初から線の形で登場しますよね。

「はい。だからこそ探り探りですね。子どもたちの描いたイラスト、線はすごく面白いですよ。ライブ刺しゅうではまず、イラストのその線と向き合って、この線を再現できる縫い目はなんだろう、って探ってみるんです。どのステッチがベストかな、どのぐらいの縫い目(寸法)かな、って。そうすると、ぴったり合う縫い目を見つけた!って思える瞬間が必ずあるんですよね。そのときのキュンキュンを一目一目つないでいる、という感じです。私の刺しゅうは。」

― キュンキュンなんですね。

「だから、子どもの描く線はキュンキュンの集合体、ですね。」

実はこのあと、特別にこの場でライブ刺しゅうしていただきました!その様子は、次号のnunocotoミニブック『nuu-』に掲載する予定です。
イラスト刺しゅうのポイントやコツもしっかり伺いましたよ♪

刺しゅう好きさん、必見です。nuu-はただいま編集作業中!10月以降、順次お買い上げの方全員にプレゼントします。

おまけ

インタビューの隣では、どんどんおりがみ作品が出来上がっていきます!

幼稚園教諭の資格を持っているという京子さんのおりがみワザがとにかくすごいです。

こんな可愛いものがわさわさと☆

井上アコさんインタビュー
(左)トムの庭オーナー月岡さん(中)アコさん(右)kokoti cafeオーナー鈴木京子さん
吹き抜けも外観もおしゃれな建物と、まるで家族のように仲良しのみなさん。名古屋ってみんなこうなの!?素敵すぎます‥。


なんかいいな♪ この雰囲気♪

おまけのおまけ

kokoti cafeさんのランチー♪ 行く前からとても楽しみにしていました☆


フィンランドをベースとしたオリジナルレシピのランチメニュー。こちらは特製ミートボールがメイン!

― ミートボールも美味しいですけど、サラダの量がすごい!!このドレッシングも美味しい~!これなんでピンクなんだろう・・

「リンゴンベリーが入ってるんですよ、フィンランドではよくお料理に使うのよね。サラダに乗ってるのがそう。」

ヘルシーで美味しいランチをいただき、ワークショップをしていたらまたまたお腹が空いてきたので、スウィーツもいただきました!


私は大大大好物のベイクドチーズケーキと珈琲。アコさんはお気に入りカステラと珈琲。そしてここにもリンゴンベリーさんが。
ベリーの甘酸っぱさがケーキの甘さのアクセントになってあまりに素晴らしくて、仕事を忘れた瞬間でした…。


京子さんにnunocotoオリジナル手ぬぐいを差し上げたら、さっそく食器にふんわりとかけてくださいました♪ なんだかとても感じに雰囲気に合っていて嬉しいです☆


すっかり京子さんのファンにもなってしまいました‥。目を惹くプリントスカートはマーガレットハウエル。
スカート・エプロン・スニーカーの黄金バランスにやられました~。そしてこのひらり、感!


そのまま階段をのぼった2階は、絵本専門店「トムの庭」さん。オーナーの月岡さんこだわりの選書がもう素晴らしいんです‥!


あまりに楽しくてだいぶ長居をしてしまって気付いたらもう夕方。
一日では到底足りない、名古屋の人と地の魅力でした。ひつまぶし~。
<インタビューおわり>


【井上アコ】
こども服おとな服作家。仕立て屋。ライブ刺しゅう家。名古屋を拠点に「Kecil-Pohon(クチル・ポホン)」の屋号で洋服を受注制作。ちびっこの描いた絵をそのままその場で刺しゅうする「ライブ刺しゅう」と各地で行うワークショップが人気。
http://www.kecil-pohon.com
Instagram ID: aco_pohon


【kokoti cafe(ココティカフェ)】
所在地:名古屋市千種区東山通4-8
TEL:052-734-7100
営業時間:11:00-19:00 (Last Order 18:00)
定休日:木曜日
地下鉄東山線「東山公園」駅1番出入口西隣 徒歩0分
http://kokoti.petit.cc/
Instagram ID: kokoti.1206


nunocotoスタッフ小宮

nunocotoスタッフ。編集・コンテンツ系を主に担当。2人の男児の母。手づくりするのはだいたい真夜中。I-padを相棒に、昔のドラマや映画を観ながらチクチクするのが好きです。新聞配達のバイクの音で我に返ることもしばしば…。でも作っている間は不思議と眠くならないんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。