母の願い…掃除好きになってほしい!

こんにちは!
「IEbiyori別館~住まいと収納のちょっといいはなし~」へようこそ!
こちらで2回目のコラムとなります。よろしくお願いします。

今回は『母の願い…掃除好きになってほしい!』をテーマに
我が家での子供と掃除の関係について紹介させていただきます。

ueda_02_01

最近の住宅は、畳よりフローリングが主となってきているため
「フローリングワイパー」が一家に一本が主流になってきていると思います。
もちろん、和室をのぞいてすべてフローリングの我が家にも
フローリングワイパーはありますが、他の家庭とはちょっと違うのは
フローリングワイパーが3本もあるということ!

もともと1本はあったのですが、長女が2歳くらいになった頃、
長女のお手伝い熱上昇中ということもあって、小さいサイズの
フローリングワイパーを購入したのがはじまりでした。
その後、長男が生まれ、幼児二人のお手伝い願望をかなえるために、
もう1本追加して3本となったのです。
今では、長女が通常サイズのフローリングワイパーを、長男と次男が
小さいサイズのフローリングワイパーを使って掃除するようになりました。

ueda_02_02

それでは、さっそく次男(2歳)に小さいサイズのフローリングワイパーで
いつものように掃除していただきましょう~!

ueda_02_03

ちゃんと壁際の埃もキャッチ!
(母と違って、けっこう細かいです)

ueda_02_04

フローリングワイパーは軽いので、幼児でも階段をスイスイ掃除できます!
(母と違って、掃除へのハードルが低いようです)

ueda_02_05

そんなに必死にならなくても…(汗)
(母と違って、念入りに掃除します)

子供にとって、「大人と同じものを使える喜び」は計り知れないものなので、
こんな風にマイ掃除道具があれば、小さい子供でも喜んで掃除してくれます!

ueda_02_06

フローリングワイパー置き場は、階段下収納スペースにDIYで自作しました。
L字金具で棚を付けて、さらにその棚にポールを取り付けて、
フローリングワイパーを吊るせるようにしています。

ueda_02_07

すぐ近くには、ハンディモップや、フローリングワイパーに取り付けて使う
ワックスシートもスタンバイ中。
子供でも手が届く場所に吊るしておいて、いつでも掃除に取り掛かれるようにしています。

実は、私が一番苦手な家事は掃除なんです。
お片づけは好きなんだけど、どうも掃除というのが苦手で
取り掛かるのにいつも時間がかかってしまいます。
そんな面倒くさがりな母のようにはなってほしくないので、
子供たちには小さな頃から、
楽しく!簡単に!気持ちよく!掃除して、掃除を身近に感じてほしい…。
そんな母の願いを込めています。
決して、母が掃除をさぼりたいからではありません(笑

フローリングワイパーが3本、一見、無駄なように思えますが
兄弟3人で遊びながら、ときには「誰がいちばんきれいにできるか!」と競いながら、
楽しそうに掃除している姿を見ていると、それは無駄なものではなかったと思います。
掃除という行為が楽しい思い出であれば、
きっと、気持ちよく掃除できる大人になってくれるはず…。
そう願っています。

profile_iebiyori

「IEbiyori別館 住まいと収納のちょっといいはなし」の一覧

家の中をすっきりさせるのは誰のため?
モノに振り回されないストック管理と収納場所について
リビングは各人収納で“いつもスッキリ”をキープ!
日付と曜日感覚の身につけ方~食いしん坊バージョン~
翌日の準備は “帰宅後すぐに!” がオススメ
mk イエビヨリ

「家族が帰ってきたくなる家づくり」をモットーに、日々のあれこれ&収納をテーマにしたブログ「Iebiyori(イエビヨリ)(http://iebiyori.exblog.jp/)」が好評! 家の中をいじくりまわすことが大好きで、不便なところ、不都合なところを見つけては、日々カイゼンしています。 鹿児島県在住。夫と8歳、5歳、2歳の1女2男と5人暮らしの主婦。 初の著書『片づけ日和』(ワニブックス)が好評発売中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。