針金ワイヤーでミニミニハンガーを作る

今回は、ほんとにカンタンちんな、それでいて以外と使い勝手のよい、ミニミニハンガーを手づくりしてみました。

5分もあればさくっと2つはできます。

↓材料はこちら
harigane_01
針金ワイヤー、ラジオペンチ
ワイヤーはアルミタイプのものが軽くて扱いやすいのでおすすめです。
太さもけっこう重要で、この3mmが、強度とかわいさ的にちょうど良いかなと思います。

harigane_02

トライアングルの上部分を端にして、ぐるりん。
横幅を何となく決めて、(この場合12,3cm)、またぐるりん。

このぐるりん、の輪っか部分がないと、ひっかけるものの重みに耐えられないのです。

harigane_03
ばってんにして、

harigane_04
根元に巻き付けていきます。

harigane_05
適当に2,3周巻き付けたらペンチでカット。
そしてペンチの先でぐぐぐーっと全体をプレスして固定。
とくにカットした切り口は危ないので、ぐっと巻き込みます。

harigane_06
あっという間に2つできました!

会社のお掃除用具室で、雑巾を引っ掛けてがんばってくれています。
(もともとこのために作ったのでした)

と言いつつ実は自宅でも使っています。

harigane_07
キッチンで布巾掛けに。
(あ、布巾掛けるのわすれた…)

harigane_08
こちらは流し台の前にある棚のフックに引っ掛けて、ビニール手袋専用にしています。
ピンチの穴のサイズに合わせて、太さ1mmのワイヤーで作りました。
ビニール手袋って案外置き場に困るので、これで大助かり!

他にも、鍵を引っ掛けたり、ベビー服用のハンガーにしたり、大根の皮を干したり…(?)
簡単なのでたくさん作ってお友達に配ってみても♪

おまけ。
harigane_09
10センチぐらいワイヤーがあまったので、
デスクの上に置く、印かん立てをつくってみました。

ちょっと袖でさわったりするだけで倒れる繊細な子ですが、かわいいのでよしとします…。

nunocotoスタッフ小宮

nunocotoスタッフ。編集・コンテンツ系を主に担当。2人の男児の母。手づくりするのはだいたい真夜中。I-padを相棒に、昔のドラマや映画を観ながらチクチクするのが好きです。新聞配達のバイクの音で我に返ることもしばしば…。でも作っている間は不思議と眠くならないんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。