おくるみの使い方(基本編) まずは優しくくるみましょう♪

出産前にそろえておきたいものはいろいろありますが、
まずは生まれてすぐ使うものから優先的にそろえたいですね。

すぐ使うものといえば…、
新生児用の肌着、おむつ、哺乳瓶、などがありますが、nunocoto的にはやっぱりおくるみです!

産まれたての赤ちゃんを優しく包む、おくるみ。
こちらではおくるみについて解説しながら、基本の使い方を紹介したいと思います。

おくるみって何?

おくるみとは、赤ちゃんの身体をくるんであげる布のことです。

産まれたての赤ちゃんはふにゃふにゃしていてちいさくて、うまく抱っこするのはなかなか難しいもの。
そんなときに、一枚の布でくるんであげるだけで、華奢な手足と身体がまとまるので、抱っこしやすくなりますよ。
赤ちゃんにとっても、包まれるという感覚がお腹の中にいた感じに似て、安心すると言われています。

おくるみの巻き方

赤ちゃんを対角線上に寝かせて、パタンパタンと折りたたむように包むのが基本です。
詳しくはこちらをご覧ください。

月齢で見る、新米ママのためのおくるみの巻き方

どんなときに使うの?

産まれてから数か月は、赤ちゃんは一日のほとんどを、眠っているかお母さんに抱っこされるか、で過ごします。
抱っこのときの抱き心地が良ければ、赤ちゃんはずっとごきげん♪
おくるみで包まれて抱っこされていれば、肌あたりも良くて安心してくれますよ。

okurumi_16
ふわふわガーゼおくるみなら、こんな風にすっぽり包む込んであげるのがおすすめです。くるまれるだけで幸せな気持ちに♪

okurumi_14
お風呂上がりなどは頭も冷えるので、すっぽりカバーできるフードがあると便利!

長く使えるデザインは?

おくるみ、というだけあって、基本的には赤ちゃんをくるんで抱っこするためのものです。
だから、くるむことのできる間が使う期間、ということになりますが…、
シンプルなスクエアなデザインなら、実際にはもっと長く使えますよ、ということで。

うつ伏せができるようになったら、床の上にマットとして敷いてあげたいキルティングおくるみ。
nig_whale_y_06

おもちゃを広げてプレイマット、なんてぴったり♪
bla_tree_b_03

ピクニックにも便利ですよ。
シートの上にマットおくるみを敷いて、ごろ~ん…♪
okurumi0422

どこでも気軽に(?)おむつ換えができちゃいます!
okurumi0423

作るのも簡単なシンプルなシカクおくるみだからこそ、
その人の用途に合ったいろんな使い方ができて、とっても便利です♪

nunocotoがおとどけする、かんたん手作りおくるみキットはこちら

コットン100%のおくるみ「treeピンク」コットン100%のおくるみ「treeイエロー」okurumi_tree03okurumi_tree04
【4つのカラーバリエーションで、赤ちゃんにぴったりの一枚を♪】
<1> シカクおくるみ:tree(ピンク)×キルティング
<2> シカクおくるみ:tree(イエロー)×キルティング
<3> シカクおくるみ:tree(グリーン)×キルティング
<4> シカクおくるみ:tree(ブルー)×キルティング

コットン100%のおくるみ「flowertile」ピンク」コットン100%のおくるみ「flowertile」ブルー」
【フラワーがタイル状に行儀よく並んだ、優しい色合いのおくるみ】
<1> シカクおくるみ:flowertile(ピンク)×キルティング
<2> シカクおくるみ:flowertile(ブルー)×キルティング

>>nunocoto手作りおくるみキットはこちらから
main

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • お買い上げ6,000円以上で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。