• ホーム
  •  > アート
  •  > 夏の明かりと和の調和[目黒雅叙苑 -和のあかり×百段階段展-]

20157/15

夏の明かりと和の調和[目黒雅叙苑 -和のあかり×百段階段展-]

kikuchi_05_01

7月前半は雨が多かったですね。
ようやくの晴れ間に夏らしい暑さを感じると、去年の夏や、あるいはもっと昔の夏を思い出して、今年の計画を考えたり、少し明るい気分になりますね。

nunocoto 読者の皆さんこんにちは。megumiです。
最近、私は友人の結婚式の準備でてんてこまいな日々を送っています。
ムービーを作ったり、ウェルカムボードを描いたり、時間に追われて大変なのも事実ですが、二人の幸せそうに喜ぶ顔を見ると、やって良かったなぁーと幸せを分けてもらえる気がします。
さて、今回はそんな結婚式で有名な「雅叙園」の企画展やイベントなどが行われる百段階段へ。
雅叙園は日本で初めての総合結婚式場ですね。

和の豪華さを存分に感じることのできるその空間は、華やかで優美で素晴らしいものがありました。
ちなみにこの展示、文化財の百段階段の写真撮影が可能です。
普段撮影不可な場所なだけに、写真好きな方は是非訪れてみてください!
(※この企画中は撮影が許可されています)

kikuchi_05_02

今回の展示、「和のあかり展」はまさに夏のイルミネーションと言うような感じです。
入り口には有名なお祭り、「秋田竿燈まつり」と「仙台七夕祭り」の主役が展示されています。ありがたいことに、撮影スポットという札があるので、どなたでも素敵な写真を撮ることができます。


kikuchi_05_03

入り口を抜ければ、展示スペースまで続く廊下と中庭があります。細やかで美しい日本の壁画に思わず足が止まります。

いよいよ展示スペース「百段階段」へ。古い階段の天井には扇の絵が描かれており、足元には階段の段数が記してあります。子供でも楽しんで数を数えながら登ることができますね。


kikuchi_05_04

階段の途中に7つの展示スペースがあります。最初の展示は、葛飾北斎と、江戸職人のあかりです。とにかく豪華な一間。


kikuchi_05_05

江戸の芸術品。かんざしは和のあかりを浴びてより美しく飾られていました。

葛飾北斎の「冨嶽三十六景」なども、どこかモダンに展示されています。


kikuchi_05_06

二つめの展示はお祭りのあかりです。
豪華絢爛な世界。


kikuchi_05_07

お祭りの音が聞こえてきそうなほどの迫力です。


kikuchi_05_08

3つめの展示は江戸風鈴とアート竹林です。カラフルで涼しげな音が夏の始まりを知らせてくれます。


kikuchi_05_09

4つめの展示は闇夜に浮かぶ月のあかりです。ブルーの月のあかりはプロジェクトマッピングで満ち欠けをしていきます。幻想的な一間です。


kikuchi_05_010

5つめは草木のあかり。ここは女性のカメラ好きが喜びそうな、可愛らしい世界。自然の温かみとライトが気持ちよく融合しています。


kikuchi_05_011

秋を感じるオレンジ色の光。


kikuchi_05_012

夏の風物詩のホウヅキはぼかすとハート形に。


kikuchi_05_013

6つめは和紙のあかりです。ふわっと優しいあかりにつつまれた一間です。


kikuchi_05_014

ひとつひとつがとても美しい和紙のライト。


kikuchi_05_015

畳との相性が抜群で、ほっこりしました。


kikuchi_05_016

7つめはいよいよ最上階。100段登ったとは思えないほど疲れを感じません。頂上の間と記されたそこには「山口七夕ちょうちん祭り」のちょうちんが周りを明るく照らします。


kikuchi_05_017

奥には「山口柳井きんぎょちょうちん祭り」のきんぎょたちがアーチを描いています。可愛いお顔だなぁーと写真を撮っていると…


kikuchi_05_018

お!日本代表を発見!笑。


kikuchi_05_019

帰りも登ってきた百段階段を降りていきます。古い旅館のような味のある雰囲気。


kikuchi_05_020

お土産やさんに寄って、帰りのエレベーターに乗ります。そのエレベーターがとても豪華で特別なところへ連れて行ってくれるような、期待をもたせてくれました。


kikuchi_05_021

帰りは中庭を通ります。ビルと日本建築が混ざったような外観。小さな滝なども中庭にあり、なんだかお金持ちになった気分。


kikuchi_05_022

来た道を戻る工程も、違った角度からベストショットを探せて楽しかった。

「和のあかり×百段階段展」は
2015年7月3日(金)~2015年8月9日(日)まで。
日本の美しさを改めて体感できる空間です。夏の期間だけしか開催されていない、夏のあかりを存分に楽しんでくださいね。



【今回訪れたところ】目黒雅叙苑


megumi(菊池 恵)
megumi(菊池 恵)

1987年生まれ。神奈川県横浜市在住。旦那と2人暮らし。普段はWebデザインの仕事をしています。仕事がきっかけでカメラを始めて、関東最大のカメラサークル「東京カメラガールズ」に入り、カメラライフを楽しみ中です。
google+にて日々の写真を公開中
https://plus.google.com/+Megumixxx/posts

「カメラ片手に、きょうも美術館」の一覧

歴史と記憶を伝える。[サントリー美術館-国宝曜変天目茶碗と日本の美-][森美術館-ディン・Q・レ展 明日への記憶-]
都会の夜と静かなビル[東京オペラシティ ICC オープン・スペース 2015 -高橋コレクション展 ミラー・ニューロン-]
明るい建物と降りていく順路 [ポーラ美術館 -紙片の宇宙 シャガール・マティス・ミロ・ダリの挿絵本-]
megumi(菊池恵)

1987年生まれ。神奈川県横浜市在住。旦那と2人暮らし。普段はWebデザインの仕事をしています。仕事がきっかけでカメラを始めて、関東最大のカメラサークル「東京カメラガールズ」に入り、カメラライフを楽しみ中です。 google+にて日々の写真を公開中:https://plus.google.com/+Megumixxx/posts

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • 5,000円以上のご購入で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。