抱っこひもカバーメイン画像
抱っこひも収納カバーキットの作り方を詳しくご紹介します♪ 縫うのは簡単ですが、ゴムを通すときにちょっとしたコツが必要です。ご参考にしてみてくださいね。

抱っこひもカバーSTEP01
【キットに含まれるもの】表布・裏布・イージースナップボタン・ゴム・タグ・作り方ブック。
抱っこひもカバーSTEP02
表生地・裏生地それぞれ、長方形の短い辺を2本ずつ縫います。
抱っこひもカバーSTEP03
表生地を裏生地を中表に重ね、長い辺を縫います。(両辺ともに2列ずつ)
抱っこひもカバーSTEP04
ゴムの端に安全ピンを付けておきます。
抱っこひもカバーSTEP05ゴムの、安全ピンとは反対側の端にゴム通しを付けて、ゴムを通します。
抱っこひもカバーSTEP06ある程度まで入ったら、安全ピンがストッパーになってゴムが入り口で止まります。
抱っこひもカバーSTEP07先にゴムを本体に縫い付けてしまいます。(赤い糸で縫った部分)。なるべくはみ出さないようにゴム幅分だけ縫いましょう。ゴムを通し終わったら、そちらの端も同じように縫い付けます。
抱っこひもカバーSTEP08まず片サイドのゴム通し&ゴムの縫い付けが終わりました。同じようにもう片サイドも縫います。
抱っこひもカバーSTEP09
四隅の角を、ハサミで切り落とします。これをしないと、イージースナップボタンがはまらないので(布の厚みで)、必ず切り落としてください。
抱っこひもカバーSTEP10手を入れて全体を表にひっくり返します。
抱っこひもカバーSTEP11短い方の辺を表から直線で縫います。
抱っこひもカバーSTEP12
ゴムで通したギャザー部分を引っ張って伸ばしながらアイロンをかけます。一人でしにくい場合は、誰かに引っ張ってもらうと楽です。
抱っこひもカバーSTEP13
イージースナップボタンを装着します。目打ちか先のとがったハサミで布に穴を空けます。装着の仕方は、別紙を参照くださいね。
抱っこひもカバーSTEP14
抱っこひも収納カバーが完成です!

抱っこひもカバーSTEP14

nunocoto抱っこひも収納カバーの作り方は、2枚の布を縫い合わせてゴムを入れるだけのシンプルな作り方です。イージースナップボタンを使うので、はじめてでも失敗無く作れますよ。
▼今回作った抱っこひも収納カバーはこちら
dottriangle(レッド・グレー)

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • お買いもの1万円以上で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。