20159/10

2cmの余白が決める、立体感

nunocoto craftの開発も終盤に入り、最後の微調整です。

そもそもnunocoto craftとは?

ひと言で言うと、【1m×1mの布でつくるベビーグッズ】です。
両手を広げたぐらいの1枚の平たい布から、
赤ちゃん用のスタイ2枚、にぎにぎ2つ、ミニクッション1つ、ミニバッグ1つ、リストラトル1つが出来上がるというもの。

出来上がる、といっても作るのは手に取ってくださった方。
ハサミを入れない限りはずっと、一枚の布です。

どれから作ろうかな、いくつ作ろうかな、ぜんぶ自由です。
好きなときに好きなものから作り始めていただくのがいいな、と思います。


さて、今日はそのにぎにぎについて。

赤ちゃんのにぎにぎは、当たり前ですが、赤ちゃんが持って(にぎって)あそぶおもちゃです。
だから、持ちやすくにぎりやすいサイズ感と、そして、ものとしての可愛らしさにこだわりました。
デザイナーさんに何度もむずかしい注文をしながら、
色やフォルムを追及してきました。

最後まで迷ったのが、イラストの周りの余白をどれぐらいでとるか、ということ。

1m×1mの布にはそれぞれテーマがあって、
まるで一枚の絵のように、テーマに沿った情景・世界観が描かれています。

にぎにぎという役を与えられたのは、主に動物や魚といった生き物ですが、
この子たちがとても自然に絵の一部として存在しているからこそ、
縫いしろとしての余白が多すぎると、絵の中から妙に浮いてしまう。

かといって余白を無くしてしまうと、なじみは良くなるけれど、
実際ににぎにぎとして綿を入れてみたときに、ふっくらとしたふくらみが出しにくい。
それに、もうひとつのnunocoto craftのコンセプト、“誰でも簡単につくれる”というところから少し外れてしまう。。。

試作を重ねつつ、最終的にここだ!と見えたのが、2cmという余白。
craft0909_02

手縫いしやすい1cmを悠々と取っても、まだ絵のラインよりも1cm残ることで、
実際に綿と鈴を入れてもきつくなく、ふっくら感がキープできるギリギリのライン。
絵の中にあっても違和感が無い絶妙な2cm。
craft0909_03

って自画自賛みたいですが、シンプルに言うと、ちょうどいい。のではないかなーと思います。

にぎにぎやクッションたちに余白を付けて、いよいよテストプリントです。
craft0909_04
(↑これはテストプリントのためのテストプリント)

nunocoto第一弾は、3種類のデザインをリリースします。
10月中旬を予定しています!お楽しみに。
nunocoto craftができるまでコンテンツ一覧はこちら
nunocoto-craft_top

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • お買いもの1万円以上で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。