• ホーム
  •  > 料理
  •  > お店にも負けない!うちで一番人気の絶品餃子!

20161/23

お店にも負けない!うちで一番人気の絶品餃子!

こんにちは!川津由紀子です。

今月はうちの自慢の絶品餃子をご紹介したいと思います!

kawatsu_15_01

うちのを食べたいといって遊びに来る人がいるほど
みんなにも大好評の餃子。
もちろん家族も餃子の日は大喜びのメニューです。

kawatsu_15_02

元々は旦那さんのお母さんに教えてもらったレシピなんですが
この餃子にはあるエピソードがあって・・・

結婚する前に旦那さんと出かけたりして外食して
中華のお店に入る事ももちろんあるんですが
好きなので餃子を注文して、食べ終わると

いや~、餃子はうちのお母さんのが一番うまい!

って毎回いうんですよね!

結婚前にうちのお母さんが一番、なんて何度も聞くと
ちょっと不安になりませんか?(笑)

お母さんに依存度が高い、いわゆる・・・みたいな心配とかね。
本当にしょっちゅう言ってたんですよ、お母さんが一番って(笑)

でも、お母さんの手作り餃子をいただいたら納得しました!!

確かにこれはかなりの美味しさ!

作り方を教えてもらってもうなんど作ったかわからないくらい。
我が家のイチオシレシピになりました。

ということで、みなさんにもこの美味しさをぜひ知っていただきたい!!

kawatsu_15_03

うちの自慢の絶品餃子の作り方

kawatsu_15_04
【材料】※市販の餃子の皮で90個分
・豚ひき肉…500グラム

・にんにくおろし…3片分(チューブで3cm分くらい)
・しょうゆ…大さじ2 
・塩コショウ…大さじ1
・片栗粉…大さじ3
・ごま油…大さじ1

・白菜(粗めのみじん切りで)…1/4株分
・ニラ(みじん切りで)…1束

・餃子の皮…90枚

1.タネを作る
大きめのボウルでひき肉と調味料をよく混ぜます。

kawatsu_15_05

よーくねばりが出るまで練ります。

kawatsu_15_06

白菜とニラをみじん切りにします。
フードプロセッサーだと細かくなりすぎて
食感が変わるので、大変だけどここはぜひ包丁で!!

kawatsu_15_07

そして全体をよく混ぜます。

2.包む

皮にスプーン1くらいを真ん中に乗せて
タネの周りを一周ぐるりと、右手で水をつけて濡らします。

kawatsu_15_08

最初に真ん中をつまんでから

kawatsu_15_09

左右を折ってヒダをつけます。

kawatsu_15_010

最後に形を整えたら完成!!
並べるお皿やトレーにキッチンペーパーをひいておくと
あとでくっついたりしにくいです。

kawatsu_15_011

残りも同様にして包みますよ~!

kawatsu_15_013

ずら~っと並ぶといつも壮観です!
うちは大量に作るのでいつもテーブルに座ってのんびりやりますよ~。
子どももお手伝いしてくれたり。

3.焼く

焼くときはフライパンに大さじ1くらいの油を温めてから
餃子を並べます。強めの中火くらいの火加減です。

kawatsu_15_013

少し焼き色がついてから、水を150くらい入れて
ふたをして蒸し焼きにします。
餃子が水に半分浸かるくらいいれてしまって大丈夫です。

水分が飛んで皮が透明に透き通ってきましたよ。

kawatsu_15_014

これくらいになったらごま油を大さじ1(分量外)たらして
最後の10秒くらいは強火でしっかり水分を飛ばして
カリッと焼き上げます!

お皿に盛り付けたらあつあつを食べられるように
蒸し焼きしてる間に他のものはセッティングしておきましょうね~!!

我が家は中華風の玉子スープと合わせるのが定番です。
kawatsu_15_015

餃子のタレは醤油とお酢を1:1くらいであわせた酢じょうゆで。

kawatsu_15_016

さっぱり目に食べたい時は酢を多めにしたり
がつんと醤油をきかせてもごはんが進みます。

そうそう、3男がまだお腹にいる頃の話ですが、
私が餃子を包んでいるとき、
タネを乗せたあとにボウルにスプーンを戻すとふちっこにあたってカラン!と音がするんですが、
その音にびっくりしてか、中からポコン!と蹴り返すようにビクッと赤ちゃんが動くのが面白くて…!

ついついちょっと大きめに音が出るように置いてみたりして。
そんな風に赤ちゃんと遊ぶのが、幸せな時間でした。

もう臨月間近のころでお腹も出てるから
ボウルとお腹の距離どうしても近くなっちゃんですよね。
音もそりゃあ近くで聞こえたことでしょう!

kawatsu_15_017
そんなわけで、うちの家族のいろんな思い出が詰まった餃子です!
ぜひ作ってみてくださいね。

川津由紀子
川津由紀子

愛知県在住。9歳7歳4歳の男子3人の子育てに奮闘中。カフェ勤務、助産院勤務の頃に覚えた料理や日々のごはんをブログに載せています。今は子育て支援の現場で若いママとちびっこたちにパワーをもらう毎日。
ブログ「みんなで食べよ!~おうちごはん」
http://ameblo.jp/yuuki0107haruki/

「自然食をもっと楽しく!心も喜ぶおいしい毎日。」の一覧

春キャベツたっぷり♪ 家族が喜ぶメンチカツのレシピ
電子レンジでお手軽に!関西風の桜餅のレシピ
お鍋ひとつで作る、懐かしのカスタードプリンのレシピ
こんがり焼き色がおいしそう!五平餅のレシピ
キラキラ光る食べられる宝石!琥珀糖の作り方
お弁当のすきまに。1つの野菜で作れるミニおかず3種
あま~い幸せ♪桃のコンポートとアレンジレシピ
夏の常備菜!夏野菜で作るラタトゥイユ
女子に嬉しい!鉄分たっぷり鶏レバーの甘辛煮レシピ
春の贅沢☆苺とアールグレイのコンフィチュール
春のかおりの豆ごはん、のレシピ
ふんわりきれい!極上オムレツの作り方
イチゴショートにひと工夫!手作りろうそくケーキ
オーブンでこんがりメニューを楽しもう!
愛情たっぷりお弁当の思い出と、シンプル卵焼き
秋の贅沢おやつ!ほくほく感が魅力の栗の渋皮煮
小豆で自家製あんこを作りましょう!
夏のご馳走、とうもろこしのかき揚げと野菜のかき揚げ
つるん!がおいしい♡ おうちでつくる夏のひんやりおやつ
そろそろ梅しごと。ジップロックでつくる梅干しと、おまけの紅しょうが
そろそろ梅しごと。梅サワー・梅酒・赤しそジュースのつくり方
私を助けてくれる常備菜~お肉編~
私を助けてくれる常備菜~お野菜編~
特別な日のお菓子 -雛祭り編-
特別な日のお菓子 -誕生日編-
冬だけの特別なおやつ~自家製干し芋~
記憶に残るいつもの味、思い出のごはん

関連記事

mailお問い合わせ

support@nunocoto.com

tel03-5941-6107

  • 株式会社アイ・ビー・アイ
  • nunocoto事業部 担当:小宮
  • 平日:10:00-17:00
  • 土日祝日はお休みです。

mail配送料金

  • お買いもの1万円以上で送料無料

ショップについて

「つくる楽しさ、手作りのあたたかさを暮らしに」をコンセプトに、誰でも簡単につくれるソーイングキット&オリジナル布の販売をしています。ちょっとした合間に、さくっと作れる楽しさを! お母さんも子どもも"Happy"になれる、手作りのある暮らしを提案します。